これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

夏のカフェメニュー <カフェ・シェケラート>

暑いですね~ 夏の休日 街歩きに出かけたりすると途中で いちどはどこか 太陽の熱から逃げるように カフェに入って風の渡るテラスか文明の利器・冷房のよく効いた部屋で冷たい飲み物を飲んで 一息入れて休まないとすぐに身体がバテてしまう。 そういう時にお…

ときめくしぐさ

ルカは 一般的なイタリア男性のイメージとは かけ離れた男で基本、いつも生真面目な顔つきしてて、あまり笑わない。 ぶっちゃけ根暗。 普通に女性は好きだが、一般イメージのイタリア男性みたいに女性に気さくに話しかけたりはしない(≦できない)タイプ。 …

パラダイムシフトを起こせる民族

以前 イタリア人に聡明さを感じると書いたけど、よく考えたら 欧州文明全体が何世紀ものあいだ(実に1000年以上の長きに渡って)<キリスト教の教義>に 完全に覆われていた時代に 星を観察し人体を解剖し思考を掘り下げキリスト教以前の ギリシャの古代…

世間とのズレを感じる

世間の一般的な風潮に相変わらず ついて行けてない。まあ 昔からなんだけど・・・・ たとえば 最近はポピュリズム というものを糾弾するような特にマスコミ(世界各国)の論調に違和感を感じてる。 だってそもそも 政治の世界でとくに民主主義国家ならポピュ…

草木の名前を名乗る文化

イタリアへ留学する前 ほんの少しだけ古武術の手ほどきを受けたことがある。 もう出発することは決まっていたので、短期間の習い事なんて 考えもしなかったんだけど ある神社で その古武術が奉納されるイベント(←神事です)を知り友達を誘って観に行ったら…

フィレンツェ空港の謎のアジア人

あるとき 日本に一時帰国するために、早朝 フィレンツェ空港にいた。 フィレンツェからは 日本までの直行便は飛んでいない。 イタリア国内の大きな空港か ヨーロッパのどこかの空港で、日本行きの飛行機に乗り換える必要がある。 ちなみに私はANAをよく利…

世界でいちばんかわいい挨拶

Ciao!この、言わずと知れた「チャオ!」というイタリア語・・・・私は 世界でいちばん可愛い挨拶の言葉 だと思ってる。 イタリアでは いったい一日に何回、この言葉を言ったり耳にしたりすることか。^^ 知らない人や 目上の人には 「ボンジョルノ」や 初…

わさび愛

イタリア人はけっこう わさび好き。いちど味を覚えると、次からは彼ら同士で、<わさび争奪戦>を繰り広げている。 フィレンツェは内陸の町なので魚介類は値段が高い。 それでもときどき、イタリア人&日本人の有志メンバーたちで「お寿司を食べよう!」パー…

実験継続中

このブログの主旨ではないので今後はこういった内容は書かないと思いますが前回の記事が 100記事めだったみたいなのでちょっと 自分のブログを振り返ってみますね。 3月に 始めて1年が経過したことは書きましたがこのブログ、実は「実験」を楽しみなが…

意思表示を怖れないこと

たぶん「感じが良くていい人」と みんなから思われたいのは、誰でも同じ。誰かと 何かで 言い争ったりとか自分から人に嫌われにいく人なんて、まずいない。 それでもさ 判断力のない子供時代ならいざ知らずとっくに成人している大人の立場で いつでも 何でも…

イタリア男性の理想の女性像

恋愛関係はないイタリア人の男友達と話してるとき、ところで君って何歳なの? と聞かれたのでそれ聞きますか? と軽く抗議しながらも、普通に答えた。 するとその友達はあー答えさせちゃって悪いことしたな、 と思ったんじゃないかな(笑)たぶんフォローす…

うつくしいひと<浅田真央さん>

初めて彼女の名前を耳にしたのは、日本への一時帰国からフィレンツェに戻ったばかりの友達たちと カフェでお茶をした時だった。 「日本にはいま、まおちゃん という15歳くらいの、可愛らしくて でも ものすごい才能をもつフィギュアスケート選手がいて今度…

仕事がキレイに揃うとき

きのう いつの間にか Beautiulって言葉を呟いてた。 シリアへの爆撃という、恐ろしいニュースを聞いたあといろいろと 考えていたら。 あちこちで 「なぜこのタイミングで」 とか背景を含め、諸要素を解説していたけど 爆撃なんて手段は そう頻繁にして良いも…

日本人の幼児性

日本は島国だから 歴史的に 違う人種、違う文化の人間たちと、日常的に あまり関わってこなかった。 アメリカは日本のことを 「12歳の子供」 と評価したことがあったと聞く。人間一般に対する理解度のことを 言ったのだと思う。 ナイーブで(naïve 世間知…

<Be the light>

この曲の、このタイトルの言葉は、とても深い。 東日本大震災が この歌が生まれるきっかけになったと聞いた。 あれは未曾有の悲劇だったから聴く前は自然と 励ますメッセージなのかなと思っていたけど この歌、そして Be the light というこの言葉はただ優し…

<We Pray For You>

2011年秋に日本に戻ってから不在にしていた期間の 社会的な知識も少し補わなくちゃと思って、いろんな情報をネットで見るようになった。 イタリアでは最後の3年間しかネット環境の整ったところに住んでいなかったから、2000年から2009年くらい…

日本列島アトランティス説が脳裏に浮かぶほど動揺した

あのとき東日本大震災が起こったとき、 私はまだ外国にいて インターネットのおかげで 日本の人たちが直接発信する映像や情報を少しは手にすることが出来てはいたけど 自然の残酷さというよりはこの惑星の上に 生き物として暮らすということの如実な現実をど…

3月8日のミモザの花

フィレンツェでも 3月に入ると空気も 色彩も 春らしい明るさを帯びてくる。 陽光が きらきらと輝き街のショーウィンドウには復活祭の飾りつけの定番の うさぎやヒヨコ タマゴたちと一緒に黄色いミモザの花がよく飾られる。 イタリアの3月8日は フェスタデ…

内面を好きになった瞬間

ルカとつきあい始めたころ音楽は何が好き?と聞かれて、 何でも好きだけど、不思議と季節によって聴きたくなる音楽が変わるんだ。春はポップスや 軽めのロック、ジャズも聴くし夏は 昼はボッサ、夕方や夜にはタンゴやサルサなど ラテン系の曲を聴くのが好き…

イタリアで携帯電話デビュー

私は携帯電話を 2011年まで 日本で使ったことがなかった。持っていなかったから。 周りに携帯電話を持つ友達も増えてきていた2000年。(遡るな~・・・)でもその年の秋には イタリアで生活し始めることはわかっていたから多少不便を感じても、日本…

S.Valentino サン・ヴァレンティーノの思い出

イタリアでも、2月14日はバレンタインデー。聖人の名前で <サン・ヴァレンティーノの日>。 日本では チョコレートと、女性から男性へ好意を伝える、という特徴をもつイベントの日だけどイタリアでは<Il giorno degli Innamorati イルジョルノデッリィ…

外から見えるものと実際のこと

最近、なんとなく思い出したことなんだけどむかし、中国で天安門事件というものがあってそのニュース映像を観ながらとても疑問に思ったことがある。 実際のことは知らずにイメージで そう理解してたことなんだけど たいていどこの国でも 軍隊の仕事で、 <現…

韃靼人の奢り

パリ生活の2ヵ月め。 私は、フィレンツェのフランス文化会館経由で申し込んだ語学学校のホームステイ先を出てオペラ座近くの日本食店にあった掲示板のアノンス(広告)から見つけた部屋に引っ越し、モンマルトルのうしろのラマルク・クランクール(←メトロ…

世界情勢に不安がいっぱい

今までは、分からないながらもどこか面白がって 余裕をもって見ていたトランプ氏ににわかに巨大な不安を感じた。 駐イスラエルアメリカ大使館をエルサレムに移動するという発言をしたと聞いたから。 www.jiji.com 私は別に同氏の全ての発言をチェックしてい…

ヘンな響きのイタリア語

イタリア語って ときどき、日本人が聞くと「・・・・・・へんなの~」と感じてしまう響きの言葉がある。 イタリア語を習い始めたとき、日本でイタリア語って 食べ物以外で聞くのは音楽用語くらいしかないから(フォルティッシモとかフェルマータとかクレッシ…

冬のカフェメニュー<チョコラータ・カルダ>

イタリアではチョコレートは、食べるだけじゃなく、飲むものでもある。しかも さらっとした 「チョコレート味の飲み物」 じゃなくてチョコレートそのものを そのまま液状化したような、イタリア語ではデンソdenso と表現される粘性の重さのある液体。 でも店…

イタリアのクリスマス休暇は1月6日まで

イタリアでは クリスマスが終わっても飾りつけをしまうことなく そのまま新年を迎え、1月6日まで お祭り気分が続く。 12月の中頃を過ぎると、人々はそろそろ始まる年末の気分に心を浮き立たせながら「ブォネ フェステ Buone Feste! (良い祝祭たちを)」…

2006年ワールドカップ決勝戦

をイタリア人たちと共に イタリアで観たときのレポート。 このまえのFIFAクラブワールドカップでの鹿島アントラーズの善戦を観てワールドカップといえばそういえば私、イタリア優勝をイタリアで観たんだったなあと思い出しました。 それでね、話題が遅いのは…

コミュニケーションの技術

自分の意見や 感じたことを相手に対して表現するのが苦手なのが、日本人。 控えめで 謙虚であることが美徳とされる文化だからこその特徴で<謙虚さの美徳> という感性は 他の文化圏にもあるのだけど、実践できているのは、ほぼ日本人だけという事実。 昔と…

Remember Pearl Harbor of That Day

安倍首相が パールハーバーを訪れるという。 敢えて日にちをずらしてオバマ大統領の 故郷でのクリスマス休暇に訪ねるかたちでそして義理立てはしなくていい とわざわざ口添えをしての アメリカ側からの配慮ある提案だった という。 バラク・オバマという人が…

トスカーナの意外な特産品

イタリア中部に位置するトスカーナ州は美しい丘陵地帯と 海岸地帯の両方に恵まれながら歴史豊かな都市部も持ち、斜塔で有名なピサや、画家のモディリアーニが生まれた海沿いの町リヴォルノ、フィレンツェよりも中世の町並を残しているシエナなどの町も、トス…

お辞儀の仕方を考えてみた

イタリア人が 日本人のマネをしてお辞儀をしようとすると、たいてい 首だけをヘコヘコ動かす どっか変な、 「あのー ひょっとしてバカにしてます?」 と聞きたくなるような動きになっている。(両手を胸の前で合わせて頭を下げる人も多い・・・・それは微笑…

誤解に基づく需要と供給

日本人が代々受け継ぐアパートというのが、フィレンツェ市内には点在している。そのアパートのオーナーさんが「日本人だけに貸したい」と限定していたり、 日本人留学生が帰国するときなど、自分が出る部屋に住む次の人を友達関係から口コミで探すので 結果…

合衆国新大統領決定によせて

もう番狂わせには驚かなかった。けれど 報道を見ると獲得票数では 大方の予想通りヒラリー氏の方が多かったそうだ。 公人には 見た目で与える印象の良さも重要だ と考える文化であるはずの欧米でも何の先入観を持たずに見ても品の良くない印象を与えるトラン…

グローバリズムについて感じたこと

先日、こんな記事を読んだ。 タイトル: マクドナルド、出店拒否の伊フィレンツェに21億円賠償請求 www.afpbb.com この21億円っていう数字が、いったいどんな理屈で出てきたものなのか日本語の記事には書いていなかったので、探してみたらイタリア紙と、B…

日本から持って行って良かったもの

外国に、旅行ではなく 住みに行くとき日本から持って行った方が良いモノって個人個人で違うとは思うけど 私が「持って行ってよかった」と思うものたちについて、お話ししたいと思います。 先ずはね、スキンケア用品。 当然ながら、外国にマツキヨはないんで…

イタリアの歯医者さん

イタリアの健康保険のシステムは日本とは違う。たいていは 行きやすさから自分の家の住所に近い ホームドクターを選んで自分をそこに登録し、健康・医療面での相談は いつも先ず そのドクターに聞きに行く。 そこに医療設備はないことが多いけど、簡単な問診…

日本の家庭料理のウケ具合

イタリア人は 食に対しては保守的なのが基本姿勢だけど、好奇心はある人たちなので、日本の家庭料理にも興味津々。作ってあげると「コレナニ、コレナニ?」と 子供みたいに目を輝かせながら食べてくれた。 ウケが良かったのはカレー。 日本からルゥを持って…

秋のトスカーナの食卓

フィレンツェがその州都であるトスカーナ州は 美しい丘陵地帯で有名で少し車を走らせれば、 自然あふれる すこし標高のある林や森に すぐ着ける。 秋になると 山や田舎に住んでる人たちは 散歩がてらあるいは 家族や友人同士で ピクニックを兼ねて、森の中に…

自分の肩の温度

ハグの習慣のない日本人だから ってだけじゃ なかったと思う。 ある夜立ったまま 抱きしめ合ったとき、自分の身体が こんなにも冷えた、冷たいものだったってことに初めて気づかされた。 あの人の手のひらから、腕の内側から、胸から 頬から 唇からじんわり…

出会うまで

ルカとは、似た者同士だった。 最初に友達の家で会ったとき笑顔の可愛い人だな と思いはしたけど、人間のことが好きでも身近な人々には まるで無関心だった私は別段、ご縁があるようには思えなかった。 私と違い 勘が良く、「何かヘンな力でも持ってるの?」…

街に響く音

最初にイタリアに住んだとき夕方6時の教会の鐘の音を 毎日聴いてた時期があった。 2000年代になってからはイベント開催時しか入れなくなってしまったフォルテ・ベルヴェデーレ(Forte di Belvedere 「ベルヴェデーレ要塞」)がその頃はいつでも 出入り…

日本人だからといって信用できるかどうかは未知数だったりする

衝撃的なタイトルですみません・・・ 事実なものですから。 2002年ごろだったかな、日本人の友達と、街をウィンドウショッピングしながら散歩してたとき、同じ美術留学生の 友達のギョンちゃん(韓国人の女の子)と偶然会ったので「ひさしぶり~ 元気?…

ナンパなどの断り方の一例

いつかUPしようとして書いてあった文章ですが、流れ的に 今回載せることにしました。有効なノウハウになるかは分からないけど、持ってるネタで 役に立ちそうなものは 全部提供します。 ↓ イタ男(イタリア人男性を指す造語、イタオと読む)の路上ナンパを…

<拡散希望>これ以上犠牲者を増やさないために

カナダで行方不明になっていた留学生の女性が、遺体で見つかったというニュースがあった。 悲しいし、悔しくて、つらい。 詳しい状況はまだ判明してないけど、何となく、おそらく 彼女の親切心が仇になったのではないか という気がしてる。 誘われた場所に何…

フィレンツェの街の様子 II

2001年のジェノバサミット(G8)のとき若者たちを中心に反グローバリズムの人々がジェノバに集まり、いつの間にかすごい暴動騒ぎになっていて、TVニュースで その激しい争いの映像を観ながら、この時代にこんなことがあるなんて と驚いていた。 日本…

フィレンツェの美術館 <ムゼオ・ガリレオ> 

科学史博物館・・・・でいいんだっけ、正しくは なんて名前だったっけ?とググってみたら、<ガリレオ博物館> という名前になっていた。 <Museo Galileo> ムゼーオ・ガリレーオたしかに このほうが どんな場所かが分かり易いかも。 私も、12年住んでて …

フィレンツェの美術館 <ムゼオ・スティべルト>

芸術の秋なのであまり知られていない、フィレンツェの美術館の話でもしますね。 <Museo Stibbert>ムゼオ・スティベルト、より正確にイタリア語で発音するなら ムゼーオ・スティッベルトゥ。ガイドブックには英語発音で <スティバート博物館> と書いてあ…

あるアフリカのお父さんの決断

悲しいお話。ミラノに住んでいた、アフリカ出身の若いお父さんと 幼い息子さんの親子。 たしか2010年前後のことだったと思う。移民で来た親子なのか、難民で来たのか、どの国籍なのか等の詳細は憶えてないけれどその若い父親は、滞在許可証の問題を抱え…

ヘンなこと書きます

今日のニュースで「はぁ?!」と思わず反応してしまったロイターの記事: 「バイエルがモンサント買収で合意、660億ドルに引き上げ」 jp.reuters.com これについて詳しく書けるほど 経済や 世界情勢について 知ってるわけじゃないんだけどTPP交渉で 甘…