読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

イタリアで携帯電話デビュー

私は携帯電話を 2011年まで 日本で使ったことがなかった。持っていなかったから。 周りに携帯電話を持つ友達も増えてきていた2000年。(遡るな~・・・)でもその年の秋には イタリアで生活し始めることはわかっていたから多少不便を感じても、日本…

イタリアのクリスマス休暇は1月6日まで

イタリアでは クリスマスが終わっても飾りつけをしまうことなく そのまま新年を迎え、1月6日まで お祭り気分が続く。 12月の中頃を過ぎると、人々はそろそろ始まる年末の気分に心を浮き立たせながら「ブォネ フェステ Buone Feste! (良い祝祭たちを)」…

トスカーナの意外な特産品

イタリア中部に位置するトスカーナ州は美しい丘陵地帯と 海岸地帯の両方に恵まれながら歴史豊かな都市部も持ち、斜塔で有名なピサや、画家のモディリアーニが生まれた海沿いの町リヴォルノ、フィレンツェよりも中世の町並を残しているシエナなどの町も、トス…

日本から持って行って良かったもの

外国に、旅行ではなく 住みに行くとき日本から持って行った方が良いモノって個人個人で違うとは思うけど 私が「持って行ってよかった」と思うものたちについて、お話ししたいと思います。 先ずはね、スキンケア用品。 当然ながら、外国にマツキヨはないんで…

イタリアの歯医者さん

イタリアの健康保険のシステムは日本とは違う。たいていは 行きやすさから自分の家の住所に近い ホームドクターを選んで自分をそこに登録し、健康・医療面での相談は いつも先ず そのドクターに聞きに行く。 そこに医療設備はないことが多いけど、簡単な問診…

ユーロ導入直後のイタリア

私は イタリアの通貨がまだリラだった最後の時期からイタリアにいたから、ユーロ導入の現場に立ち会った。 最初は両方を併用してた。ユーロ紙幣や、ユーロのコインが日常生活に流通する1年くらい前からすでにお店では、「○○○○リラ (○○ユーロ)」 って値段…

夜行列車でフランスへ

フィレンツェ留学中にフィレンツェに飽きて、とつぜんそこからパリの語学学校に行ったのですが スーツケース1個で移動できる留学生身分 という身軽さだったから出来たことだと思うのだけど今思うと あの場合でも ただ「滞在するだけ」の旅行者ではなく、「…

フィレンツェからパリへ行った理由

フィレンツエからパリへ向かったのは、ほんの気まぐれだった。最初から計画していたわけじゃなくて。 イタリアでの留学期間も8ヵ月ほどを過ぎたら、一緒に楽しく過ごしていた友達たちは次々と帰国して、いつの間にか、取り残され状態。 通っていた私立の美…

イタリアでの被害実例報告

日本から、友達とその子の友達二人でイタリア旅行に来たとき、ローマ→フィレンツェを電車で移動してきたんだけど、フィレンツェ駅に彼女たちを迎えに行った私の顔を見つけるなり、 「久しぶり!」ではなく 「るりはちゃーん、お財布盗まれたー!!!」 と叫…

フィレンツェの街の様子

私が住んでいたフィレンツェという町は 一年中、世界各国から来るたくさんの観光客であふれ返ってた。 真冬と真夏は多少減るけど、チェントロ(Centro歴史的保護区でもある街の中心部。英語のセンター)はいつも、渋谷並みの人混み。 春先に日本から遊びに来…

イタリアでのホームステイ

イタリアの語学学校に入学申し込みをすると同時に、滞在方法のお世話もお願いできる。 たいていは 1)学生アパート(イタリア以外の国からの学生たちとの共同生活)2)個人アパート(一人で住む)3)ホームステイ(イタリア人の家の部屋を間借りして住む…

フィレンツェの大晦日

ドイツで2015年の大晦日の夜に起こった、移民たちの暴行事件の報道を聞いて、フィレンツェでの大晦日の夜のことを思い出した。 住んでいる間何回か、カウントダウン前後の時間帯にチェントロ(町の中心部エリア)に行ったことがある。 イタリアでは、ク…