これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

Profile

母からの電話

私がイタリアでの事故で死にかけたとき母はもう他界していた。 私の事故の半年前に 急逝していた。 だから もし私までその事故で死んでいたらうちの家族にとってその年は 家族の女性メンバー全員が「消滅」した年になっていただろう。 母はちょっと特殊な急…

事故で知った幸せ

こちらの続きです。 普通病棟で迎えた最初の朝、初めて事故当夜に命を助けて下さったお医者さまたちとお会いした。 ベッドの上半身部分をすこしリクライニングで起こしてくれて皆さんの顔を見ることができた。でも背中と頭はベッドから離すことが出来ずまだ…

異国の地で交通事故に遭って死にかけた話 II

こちらの続きです。 左方向から バイクに乗った私たちに向かって乗用車が突っ込んできた事故。 ルカは左足のひざ下をバイクと 車に挟まれ 複雑骨折していた。けれど それ以外他は たいした傷もなかったという。 私は 横からの衝撃で左の大腿骨骨折。更に左脚…

異国の地で交通事故に遭って死にかけた話

もう昔のことなのに、ついこの間みたいにも感じる。 むかし 初秋の ちょうど今ごろの季節・・・・10月に、イタリアで、交通事故に遭った。 フィレンツェの、その当時住んでいた家の近くで。 私は、その日一日のディテールをあまりはっきりと憶えていなくて…

過去の亡霊

さいきんフラッシュバックがひどい。 何の変哲もない日常生活のなかで悪意のない 誰かの言葉誰かの行動私自身にではなく 赤の他人に起こった出来事時には ドラマか映画の1シーン そんな他愛もないものから 私が自覚していないところにある、なにかのスイッ…

実験継続中

このブログの主旨ではないので今後はこういった内容は書かないと思いますが前回の記事が 100記事めだったみたいなのでちょっと 自分のブログを振り返ってみますね。 3月に 始めて1年が経過したことは書きましたがこのブログ、実は「実験」を楽しみなが…

出会うまで

ルカとは、似た者同士だった。 最初に友達の家で会ったとき笑顔の可愛い人だな と思いはしたけど、人間のことが好きでも身近な人々には まるで無関心だった私は別段、ご縁があるようには思えなかった。 私と違い 勘が良く、「何かヘンな力でも持ってるの?」…

19歳のときに聞いた予言

うちのおばあちゃんは 約20名いる孫たちに成人するときのお祝いに、印鑑を作って贈ってくれていた。 男の子は苗字で、女の子は名前で。 おばあちゃんとは昔からの長い付き合いらしい、良いお友達でいて下さるかたがその印鑑を作ってくださる(デザインをす…

こんにちは

「るりは」は、青い波という意味です。 むかし海を見ていて、 波って海が呼吸してるみたいだなって思ったことがある。 地球の呼吸器官みたいに見えるというか、 寄せる波、引く波が、 吐く息、吸う息のように見えた。 波に乗ってやって来るさまざまなものも…