読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

本当の男前って

コネや根回しで環境整備されていずそれをやるにはほんとうに<個人の勇気>が必要な場面で、正面からその事態を受け止め、覚悟と責任感をもって事に当たるために自ら名乗り出ようとしたり 頼まれて それを請け負う決心をする勇敢な人ってけっこう 男性よりも…

<情報>考~特に次世代の皆さまのための

大学でNews Writing の講義を受けたとき最初の授業で先生がおっしゃったことを今でも憶えてる。 「たとえば<10名の死者が出た事故>の記事を書くとき、ニュースはただ、その事実だけを書かなくてはならない。その記事に、<10名もの多くの犠牲者を出し…

ユーロ導入直後のイタリア

私は イタリアの通貨がまだリラだった最後の時期からイタリアにいたから、ユーロ導入の現場に立ち会った。 最初は両方を併用してた。ユーロ紙幣や、ユーロのコインが日常生活に流通する1年くらい前からすでにお店では、「○○○○リラ (○○ユーロ)」 って値段…

イギリスさん大変ね

トピック「イギリス」について 私も 大方の予想と同じように残留という結果になるだろうと思ってた。 少しまえ スコットランドが結局、問題提起はしたけれど 独立を選ばなかったのと同じ結果になるだろうと。 マジか? と思ったよ 正気かイギリス?!って。 …

パリの異邦人たち

パリの街で見かける黒人の人たちの多くは皆とてもお洒落で、品がよくて、洗練された人たちに見えた。 失礼な言い方かもしれないけど、ヨーロッパのほうではなくもしアフリカに住んでいた人たちのほうが最初に今のような文化文明(科学も含めて)を築きあげて…

夜行列車でフランスへ

フィレンツェ留学中にフィレンツェに飽きて、とつぜんそこからパリの語学学校に行ったのですが スーツケース1個で移動できる留学生身分 という身軽さだったから出来たことだと思うのだけど今思うと あの場合でも ただ「滞在するだけ」の旅行者ではなく、「…

フィレンツェからパリへ行った理由

フィレンツエからパリへ向かったのは、ほんの気まぐれだった。最初から計画していたわけじゃなくて。 イタリアでの留学期間も8ヵ月ほどを過ぎたら、一緒に楽しく過ごしていた友達たちは次々と帰国して、いつの間にか、取り残され状態。 通っていた私立の美…

見抜かれてます

イタリア人は人間観察が鋭いと言ったことがあるけどほんとに、見抜いてることが多いよ。 よくイタリアでイタリア人男性がナンパしてくる話があるじゃない。あれもイタリアで生活してるうちに、別の感想を持つようになった。 彼らは実は、その女性が、心の奥…

開店祝い

1週間前にはそこにはなかったお店がオープンしていた。 ときどき通る道の一角に、エスニックでカラフルな、雑貨やアクセサリーのお店が。 時間があるなら覗かずにはいられない。 入ると、ガラスの小瓶や、小さな鏡やビーズで飾られた小物、半貴石と思われる…

イタリアの仏教徒

友達の友達とか、新しく出会う人たちのなかに、「え、日本人なの?」 と目を輝かせて、「僕/私たち、仲間だね♪」とでも言いた気に、自分は仏教徒なんだと嬉しそうに告げてくるイタリア人たちが、時々いた。 彼らは、仏教の教えの奥深さに感銘を受けたという…

彼らの心の中と、考え方の中にある芯

私はキリスト教徒ではないけれど、時々報道などで耳にするお言葉や、ニュースとして伝えられる行動から、 とても敬愛し、お慕いしていた第264代ローマ法王 ヨハネパウロ二世が、病気で床に就かれたあとの最後の数週間、 イタリア全土だけでなく世界中から…

ニーチェに対抗。神は役立たず。

言葉がない。 悲しすぎて、悔しすぎて、怒りも沸いて、目の前が暗い。沖縄でウォーキング中に襲われ殺されてしまった20歳の女の子・・・・・なんでそんなことができるのよ?同じ人間だなんて思えない。 違いすぎる。 こういった強姦殺人事件を耳にするたび…

胸糞注意。でも真面目な話。

これはイタリアの話じゃなく、まだ日本で働いてた頃、アメリカ留学経験のある会社の先輩から聞いた話。 曰く、「日本じゃアメリカのレイプ事件の怖さがぜんぜん伝わっていない」 アメリカでは、顔見知りの犯行含めわりと頻繁に起こる事件だそうで、 この先輩…

ワインが人生にある幸せ

トスカーナワインとは、大変仲良くさせていただいておりました。 トスカーナ州ではサンジョベーゼという葡萄で作られるワインが伝統的で、亜種のグロッソで作る<ブルネッロディモンタルチーノ>というワイン プルニョーロジェンティーレという葡萄で作られ…

美味しさに目覚めたもの

小さいころから食が細くて、病弱だったせいもあるのか、あまり食べ物に関心がなかった。 好きな食べ物は?と聞かれても、答えていたのはせいぜい、 チョコレート、いちご、桃・・・・ たまに家族でレストランに行っても、頼むのはいつもナポリタンとかハンバ…

フィレンツェの食のオススメ

もはやグルメな方には広く知られていることかと思いますが、フィレンツェに行ったら、とりあえずピッツァは一度忘れて 肉食べてください!!! キアーナ牛(=キアニーナChianina)のビステッカ。 あれは本当に美味しいです。 厚みが5~10センチくらいあ…

イタリアでの被害実例報告

日本から、友達とその子の友達二人でイタリア旅行に来たとき、ローマ→フィレンツェを電車で移動してきたんだけど、フィレンツェ駅に彼女たちを迎えに行った私の顔を見つけるなり、 「久しぶり!」ではなく 「るりはちゃーん、お財布盗まれたー!!!」 と叫…

海外旅行に慣れてない人へ

海外に行く場合は、「安全はある程度お金で買える」ということについても、どうか考慮して欲しいと思う。 たとえば個人旅行を手配してもらう時、初めて行く土地なら、夜に現地到着する便は避けるべき。 外国の駅や空港では時間帯によって、そこに居る人の「…

フィレンツェの街の様子

私が住んでいたフィレンツェという町は 一年中、世界各国から来るたくさんの観光客であふれ返ってた。 真冬と真夏は多少減るけど、チェントロ(Centro歴史的保護区でもある街の中心部。英語のセンター)はいつも、渋谷並みの人混み。 春先に日本から遊びに来…

そこにもし意図があるなら

私はいつも、その「真意」を知ろうと努力してみるようにしてる。 苦しい状況に放り込まれたとき、自分ではどうしていいか分からないような巨大な壁に道を阻まれたとき・・・・・・ お天道さまか運命の神様かどこかの宗教で神様と呼ばれてる存在か知らないけ…

どこの日本の話なの

外国人居住者の義務である「滞在許可証」を取得せずイタリアに住んでいた友達。 「申請した証拠の半券はあるから、ちゃんと最後まで手続きを終えなくても別に問題ない」との言葉に、「ちゃんと受け取りに行かなきゃだめだよ・・・」と忠告した後も2年間、そ…

ブラックリストに載った人

フィレンツェで、もうイタリア生活が5年になるという日本人女性と知り合いになった。 イタリア人の恋人と一緒に住んでいて、美術系の専門学校に通いながら、ときどき日本人のお客様相手の観光の仕事をしていると話していた。 時々どちらからともなく電話を…

最大多数の最大幸福@日本社会(妄想仕立て)

TVで、妊娠中の働く女性に対するマタニティハラスメント(マタハラ)が多いという報道をしていた。 妊娠中の女性に対するネットでの書き込みでも、「妊婦様」だとか、「甘えるな」といった、否定的な言葉をよく見る。たぶん男性ばかりでなく、同じ女性から…

言葉の意味を推測するヒント

イタリア語はラテン語起源。 英語はゲルマン語起源らしいけどラテン語(他の言語も)の言葉も混ざってる。 言語の歴史がラテン語のほうが古いし、ラテン語使ってたローマ帝国は中部イギリスまで支配下に置いてたからだろうね。 現代のイタリア語と英語でも、…

アレッサンドラのいちばん好きな映画

フラットメイトのアレッサンドラは、イタリア語版の「酔いどれ天使」のVHSを持っていた。 彼女は大学で映像製作の勉強をしていて、黒澤監督を尊敬してる、と言っていた。 黒澤作品は全て観たけど、「酔いどれ天使」がいちばん好きで、これだけはレンタル…

わりとフツー、と言われても・・・

同じ語学学校の友達の学生アパートに招待されて夕食に行った。 そこはイタリア人の大学生が3人と、日本人のその子で住んでる にぎやかなアパートで私の他にも住人じゃないお客さんが来てて全部で10人くらいの大人数。食堂のテーブルだけでは足りなくて他…

イタリアで敬老の精神を発揮することの是非

フィレンツェ生活2ヶ月めくらいに、語学学校で紹介されたホームステイ先を出たあとに住む家を探すため、口コミやらフィレンツェ大学や語学学校、町のインターネットカフェに貼ってある募集広告、情報誌などから情報集めて、いろいろアパートなどを見て回り…

「僕には聞こえたよ」

私だけじゃなく 日本人にはわりと居ると思うんだけど話す時、私の声が小さくて相手が聞きづらかったり、聞こえなかったりするってことが、昔からあった。 電話だけじゃなく、目の前で話していても。 イタリア人は お腹から声を出してるみたいで、声が大きい…

寛大なこととお人好しであることはちがう

これは自分に言い聞かせるようになった言葉。 日本人は真面目でお行儀が良くて、愛想も良いし責任感もあるし、大好きだと褒めてくれるイタリア人は多い。 これは今だけのことじゃなくて、歴史のなかで、多くの、そして一人一人の日本人たちが、地道に積み上…

学問に王道は出来るのか

大学生のとき、日本語を勉強中の英語圏のYOUと話してて、私が「英語ってさぁ、イディオムが多すぎて覚えられないよ!getなになにとか、takeなになにとか、いくつあるのよ!」と愚痴をこぼしてたら、 「日本語の複雑さに比べればぜんぜんマシだよ!英語なら「…

ひとつのアドバイス <外国語の覚え方>

私は イタリア語を覚えるとき、単語単位よりも フレーズ単位で覚えるようにした。 そのほうが自分で使うときの応用範囲が、広くなると思う。 先に「言い方」というか、フレーズを「音」で頭に入れてから、グラマーを分析することも多かった。 どういうことか…

イタリアでのホームステイ

イタリアの語学学校に入学申し込みをすると同時に、滞在方法のお世話もお願いできる。 たいていは 1)学生アパート(イタリア以外の国からの学生たちとの共同生活)2)個人アパート(一人で住む)3)ホームステイ(イタリア人の家の部屋を間借りして住む…

フィオレンティーナVSユヴェントス

の試合を、カンポディマルテで観たことがある。(Campo di Marteはフィレンツェの競技場) サッカー留学で来ていた日本人の男の子が「行きたい人ぶんまとめてチケット買ってくるよ」と言ってくれたので、一度くらい観てみたいよねと日本人学生5人くらいで …

「芸術がわからない」?

ピカソのパリでのエピソードらしい。 ピカソは、存命中にその芸術が評価され 活躍できたという意味では「幸運なアーティスト」の一人。 ピカソがパリの、あるレストランを訪れたとき そのレストランのオーナーが、高名な芸術家であるピカソがうちに食事に来…

見極めかたの一例

イタリアでは、カップルはいつも二人だけで居るよりもそれぞれの友達たちと 大勢でわいわい集まってることが多い。 とくにフィレンツェっ子は集まる面子は 大人になる頃にはもう決まっていて、たいてい 学生時代からのつきあいの友人同士や、子どもの頃から…

イタ男注意報

私がイタリアで見聞して得ました、イタリア人男性の生態についてのご報告。 イタリア人含め、日本、オランダ、メキシコ、フランスなどさまざまな国籍の女性たちと話してて(留学生だったり、イタリアで働いてたり)、イタリアの男性ってこういう傾向あるよね…

心構えという言葉

日本各地で テロ行為まがいの事件が増えているから頭のなかで時々 ここで何か起きたら出口はあそこで、とシミュレートするようになったのは、以前こんなエピソードを聞いたことがあったから。 むかし 武家の子どもが素読か何か 稽古に出かけようとしたとき門…

このご時勢だから

昨今、日本でも以前は想像もつかなかったような、性質の違う事件や事故が増えてる。 今は世界中 いろんな国でテロ事件に遭う危険だってある。日本でさえもね。 気候変動で自然災害も多くなってるし、たぶん地球上にいま、完全に安全なところなんて恐らく無い…

イタリア人について

10年以上イタリアで、イタリア人たちと接してきて思ったんだけどイタリア人は、総じて聡明な人が多いと感じた。 表面的なものにあまり左右されないで 本質を見抜くというか察しの良さや観察眼の鋭さ、それに勘の良さみたいなものを彼らからはよく感じた。 …

最大のカルチャーショック

私がイタリアで受けた最大のカルチャーショック。それは、フィレンツェで暮らし始めて数ヵ月後、一緒に住んでたイタリア人の女の子から聞いた言葉。 その日は友達(日本人)がうちに来てて、台所でお茶しながら、その子がイタリア人の彼氏と別れた話を涙なが…

イタリア語の読み方

イタリア語は日本語と似て、言葉の多くが母音で終わるから、日本人には発音しやすい。 いくつか発音の際の約束事はあるけど、基本的にスペルをそのまま読めばいいだけ。 フランス語の発音の難しさに比べれば、もう比べ物にならないほど、まんまローマ字読み…

冬のカフェメニュー<カフェ・コッレット>

冬限定というわけではなくて、冬に飲まれることが多い、というカフェメニュー。 カフェ・コッレット Caffe Corretto (直訳で「正しい・正確なカフェ」)お酒を少し加えて飲むエスプレッソ。 エスプレッソ用のデミタスカップだから腰を落ち着けてのんびりと…

フィレンツェの大晦日

ドイツで2015年の大晦日の夜に起こった、移民たちの暴行事件の報道を聞いて、フィレンツェでの大晦日の夜のことを思い出した。 住んでいる間何回か、カウントダウン前後の時間帯にチェントロ(町の中心部エリア)に行ったことがある。 イタリアでは、ク…

祈りの日

あのときはまだ外国に住んでいて、しかもその日はたまたま旅行で家を空けていて、ネットどころかTVすらない山のふもとの 小さな町のホテルに泊まっていた。 わたしは当時、中部イタリアのトスカーナ州、フィレンツェに住んでいた。 数年ぶりに友人に会うた…

こんにちは

「るりは」は、青い波という意味です。 むかし海を見ていて、 波って海が呼吸してるみたいだなって思ったことがある。 地球の呼吸器官みたいに見えるというか、 寄せる波、引く波が、 吐く息、吸う息のように見えた。 波に乗ってやって来るさまざまなものも…