これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

祈りの日

 

あのときはまだ外国に住んでいて、
しかもその日はたまたま旅行で家を空けていて、
ネットどころかTVすらない
山のふもとの 小さな町のホテルに泊まっていた。

 

わたしは当時、中部イタリアのトスカーナ州フィレンツェに住んでいた。


数年ぶりに友人に会うために フィレンツェから列車で4時間のその町を訪れ、
久しぶりの再会を喜んだあと
うちは客間のない小さな家だから と
友人が予約しておいてくれたホテルで
ぐっすりと眠った 次の日・・・・

 

イタリア時間の3月11日(時差は日本時間の8時間遅れ)の早朝に、
フィレンツェに住む日本人の友達から、携帯電話にメッセージが届いた。

 

「日本で大変な地震が起きたの知ってる?
すぐ家族に連絡をとったほうがいいよ。」
という内容だった。

 

え? と ざわつく気持ちを抑えながら すぐに友人に連絡をとり、
観光する予定を変更して家に連れていってもらい
インターネットや TVのニュースを見せてもらって初めて、
それがどんな地震だったのかを知った。

 

じぶんの家族とは それから24時間後に連絡が取れた。
とりあえずホッとはしたけど、頭は混乱していた。
すでに日本では 食料などの商品不足と
ガソリン不足が始まっていたと思う。
計画停電もあるから
電話は毎日はかけて来なくていい と言われた。
「何を送ればいい?わたし帰ったほうがいい?」
と 家族に聞いたりしてた記憶がある。

 

しばらくはYouTubeなどで
日本のTV映像や 被害の映像を
毎日泣きながら観てた。
現実とは思えない映像は、本当にショックだった。

 

呆然とするしかなかった。
だって 
何コレ? ほんとに?
って感じだったし・・・

 

どうして? って疑問系で この言葉が出たのは最初だけで、
ずっといろんな、さまざまな動画を見ながら、
どうして・・・・ どうして・・・・ って
自分でもどんな意味で言ってるのか分からないまま、
ずっとこの言葉が 口から呟き流れ続けてた。

 

イタリアのTVニュースは原発のことしか報道してなかった。
最初に地震が起きたときのニュースは見られなかったから
どんなだったか知らないけど、
人々の映像より 
津波の映像と 原発の映像ばかりを繰り返し流していて、
人々の様子は イタリアのTVニュースからは分からなかった。

 

郵便局で日本への小包送付について、何日くらいかかるか問い合わせたら、
今は何も保証できないと言われた。
何日かかるのかも、ちゃんと無事に届くのかも。

 

日本―イタリア間の郵便は、ただでさえ
100%無事に届く保証などなかったのだけど
その時期はたぶん 日本のほうでも、
世界各国から救援物資などがたくさん送られてきていた時期だろうから、
個人の小包などは 後回しにされていたのかも知れない。

 

家族からは
ただでさえ食料が足りないんだから 帰って来られても困るし、
大丈夫だから心配するな と言われた。
私は
もしこっちに来たかったら いつでも来て良いから、
泊まるスペースはあるから と伝えた。

 

この時期は町なかに出ると
道で行き会った知らないイタリア人や、
スーパーのレジ打ちの人、レジに並んでた人、
バールや店など、たまたま言葉を交わすことになった人びとや、
わざわざ私に近づいて話しかけてくる人たちから
先ず 「あなた日本人?」 と聞かれ
そうだと答えると、
地震津波原発事故のこと、本当に大変でしたね、
心からお気の毒に、残念に思っている。
あなたの家族は大丈夫だったのか?
日本人は素晴らしい人たちだから、きっとすぐに回復すると信じている。」
といったようなことを
本当にしょっちゅう、いろんな場所で、いろんな人たちから言われた。

 

私が青い顔でもしていたのか、時には、
肩や背中を叩いたり、さすったりしながら 励ましてくれる人たちもいた。

 

しばらくして、
日本赤十字に寄付する目的で 
募金活動の許可をフィレンツェ市からもらったから、
この日何時~何時まで 手の空いてる人は手伝ってくれ、という情報が
日本人の友達経由でまわってきた。

 

募金箱に寄付してくれた人に折り紙をプレゼントする
という趣旨だったので、
折り紙要員の一人として その日の午後じゅう 鶴を折り続けた。

 

他にも手裏剣や、Yシャツとか、
みんなそれぞれ思い思いの折り紙を折って 
家族連れや 友達同士、
若いカップルや ご年配のカップル、
本当にたくさんの、励ましの声をかけてくれながら寄付してくれる人たちに
こちらからもお礼を言いながら、プレゼントしていった。

 

そのとき気づいたんだけど

 

イタリアの人って、ふだん基本的に
あまりお金を使おうとはしない人たちなんだけど、
この募金活動中、寄付してくれる人たちは
子供以外は、コインを入れる人がいなかった。

 

皆、お札を入れてくれてた。
10ユーロ札とか、20ユーロ札とか。
日本の感覚でいうと、1000円とか2000円。

 

私は日本で、町なかの募金箱に寄付するとき、いつもコインを入れていた。
どういうわけか、子供のときから、
そういう寄付をする時は コインを入れるものだと思っていたから。

 

考えてみれば、不思議な思い込みだったな・・・って
この機会に初めて気がついた。

 

もちろんイタリアで募金活動なんてしたのは 最初で最後だったから、
それが 寄付をする時のイタリア人の普通の行動なのかは分からない。

 

けれど、当時フィレンツェでは 
1ヶ月の平均月収は1000ユーロそこそこだったし、
不況で 社会全体が節約モードになって久しい状態だった。

 

生活が苦しかったのは現地在住の日本人だって同じだったから、
この日ボランティアをしていた 他の日本人の友達たちも
同じことに気がついたみたいで、
皆で 
「ちょっとイタリア人に対する見方が変わったかも・・・」 と話したりした。

 

その後 日本に戻って来て
わたしにも何か出来ることはないだろうか と思いはしたけど
じっさいのところせいぜい
東北のお米とか 野菜とかを買って食べてるくらいで、
けっきょくまだ 被災地にも行けていない。

 

今日は祈りの日・・・


あの日とつぜんに、心に深い傷を負うことになってしまった
すべての魂の鎮魂を。

 

どうか安らかに、穏やかに、微笑んで休まれますよう・・・・
傷ついた心がすこしでも元のとおりに、きれいな姿を取り戻せますよう・・・・
必要ならば、私のぶんの生命エネルギーも、どうかお使いください。

 


3月11日によせて、心よりお祈りいたします。

 


がんばろう、日本。

 

 

 

 

 

 イタリアで出会った優しさについての記事:

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp