読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

イタリア人について

 

10年以上イタリアで、イタリア人たちと接してきて思ったんだけど
イタリア人は、総じて聡明な人が多いと感じた。

 
表面的なものにあまり左右されないで 本質を見抜くというか
察しの良さや観察眼の鋭さ、
それに勘の良さみたいなものを
彼らからはよく感じた。

 

そのなかでも特に「人間」ていう生き物に対する理解が
深いように思えた。

 

人間のだめな部分も 尊い部分も わかったうえで受け入れている
底の深いやさしさが イタリア人の心にはあるように見える。

 

別に褒めまくるつもりはないんだけど、
地球人のプロトタイプみたいに見えるな
とも思ったことがある。

 

生命を宿し、産み育む女性、母親を尊重する、
子どもはめちゃくちゃ可愛がる(子ども全般への接し方として)、
自分の仕事を愛して楽しんで働く、
でも仕事に自分の人生を奪われるのはごめんで
自分自身のための時間、リラックスできる時間、家族や仲間、
愛する人との関係のほうがもっと大切と思っていて、
美味しいものを美味しく食べたい、楽しく食べたい、
おしゃべりは楽しい、
笑い合う、
知らない人でも笑顔で気さくに話す、
人が話していると耳を傾ける、
自分が思ったことを堂々と話す、
「可哀想じゃないか」という気持ちをよく人に向ける傾向があり、
他人であっても味方してあげたりする、
世の中や自然の美しさを賞賛する心を持ち、
その心の表現としての芸術を生み出す・・・・・

 

私が幸運だっただけかもしれないけど、
何人かのイヤなやつらを除いては、
私が接したイタリア人たちは
みんな人間くさくて 魅力的な人たちばかりだった。

 

表面的には 日本の人たちのほうが落ち着いていて
思慮深くて
ずっと大人に見えるのだけど、
それは表面上のことだけで、
物事の本当の意味や 人間の本質といった
一段下の、より深い部分での理解力では
イタリアの人たちに 雲泥の差をつけられているような印象。

 

でもそのかわり日本人は、
人間という 個体の生き物に関しては 造詣が深くないかも知れないけど、
その人間たちが寄り集まって作り出す、
世界・・・ というよりも 規模の小さな「社会」
共生する場所としての有機体というのかな、
それに関しては、効率よくスムーズに動かせる扱い方を、
イタリア人より良く知っているように見える。

 

だからこそ日本人は規則とか決まり、ルールに
うるさくこだわったりもするんだろうけど・・・・

 

イタリア人は社会全体の安定に協力するよりも、
自分自身の心の平和や安定のほうが大切だから、
時に社会に対して、非協力的になることもある。

 

その代わり、自分だけじゃなく他人も含め、
人間の過ちや 弱さに関しては寛大。

 

人には心や感情や、どうしようもなくなる気持ちの動きがあるってことを
あたりまえのことだと分かっていて、受け止めているから。

 

私には、イタリアの人たちの持っている生き生きとした魅力は、
そこから来ているように思えた。

 

人間を肯定して、受け入れている。

 

だからだと思う、彼らのことを口ではばかにしていても、
彼らに惹きつけられている人は 世界中に多い。

 

 

 

 

関連記事:

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp