読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

見極めかたの一例

恋愛カンケイ

 

イタリアでは、カップルはいつも二人だけで居るよりも
それぞれの友達たちと 大勢でわいわい集まってることが多い。

 

とくにフィレンツェっ子は
集まる面子は 大人になる頃にはもう決まっていて、
たいてい 学生時代からのつきあいの友人同士や、
子どもの頃からの近所の遊び仲間
というのが一般的。

 

大人になってから 職場などで知り合って仲間になるパターンは
出身地から離れた町で仕事してるイタリア人同士以外、
けっこうレアみたい。

 

恋人は 実家にもガンガン連れてく。

 

日曜のお昼はマンマのところで という習慣はたぶん
伝統的なものなんじゃないかと思う。

 

彼氏、彼女の家族、親戚、幼馴染や兄弟まで、
どっぷりと インティモな人間関係のなかに招き入れられて過ごす。
(intimo:親密とか内側とか奥側とか、
心や肌に距離的に一番近い位置のものを指す言葉。
ちなみに下着のこともインティミって言う)

 

カップルになったら、この、彼or彼女の
インティモな人間関係の人たちに 引き合わせがあるかないか、
がけっこう重要だったりする。

 

つまり、この人たちへのお披露目があれば、
「彼(彼女)は、わたしがいま付き合ってる人、正式な恋人です」
と公式表明することだから。

 

これはイタリア人以外、つまり外国人(イタリア人にとっての)には
分かりづらいことなんだけど
もし イタリア人の彼(彼女)が、
あなたを 自分の友達にも、家族にも紹介したがらなくて
いつも 二人っきりだけで会いたがるとしたら、
実はその人には オフィシャルな恋人は他にいて、
あなたは浮気の相手をさせられてるか
あなたのことを、いつでも好きな時に切り捨てられる人間
と位置づけてる可能性もあるかも知れないから、気をつけて。

 

イタリアに住み始めた初期に
イタリア人のフラットメイトのアレッサンドラから受けたアドバイスです。 

 

 

シェアしときます。