読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

「芸術がわからない」?

 

ピカソのパリでのエピソードらしい。


ピカソは、存命中にその芸術が評価され 活躍できたという意味では
「幸運なアーティスト」の一人。

 

ピカソがパリの、あるレストランを訪れたとき 
そのレストランのオーナーが、
高名な芸術家であるピカソがうちに食事に来てくれた と
テーブルまで挨拶にやって来た。

 

談笑しながら ダメもとで、
「うちのレストランのために、何か描いてくれませんか?」
とオーナーが頼むと、
ピカソは気軽にOKし ペンで そこのナフキンか何かに
サラサラッと デッサンを描いた。

 

オーナーが
「ありがとうございます。いかほどお礼をいたしましょう?」と聞くと
ピカソはオーナー氏が驚くような、高い金額を告げたらしい。

 

「そんな!たった5分で描いたものなのに」
思わずそう口にしたオーナーの言葉に
ピカソは激怒して、
「5分だって?冗談じゃない、
この線を描けるようになるまで 何十年もかかったんだ!」
と、そのデッサンを破り捨てた、という逸話。

 

芸術の価値を値段の高低で理解しようとするのは、おそらく一理あるとは思う。
その時の市場価値という意味では、その金額が正に「価値」だから。

 

けれどその観点だけで芸術を観る習慣をつけてしまうと
観るときに自分の感受性は何も使ってないから、
美術・芸術の美しさを感じたり、
それが創造されたことの奇跡(稀有性というか)と
その創造物を目にしている感動、
受けた霊感の内容を具現化してみせた芸術家への 純粋な賞賛の心
そういった あらゆるものの複合した 感情や感覚が、
その人のなかに育っていくことは ないと思う。

 

私は芸術家(とその作品)と 鑑賞者を結びつけるのは、
レゾナンスなんじゃないかと思う。

 

共鳴、あるいは共振。 
同調して震える、その現象。

 

比喩的になるけど、
その芸術家が その芸術品を生み出したときに感じてたものと
共鳴する感性が
鑑賞者の内側に たまたま存在していたら、
その感性同士が共鳴しあって 心を揺さぶり、
その作品を感じ取り、
感動の気持ちが湧き上がってくるんじゃないかな。

 

人が 日々の生活の出来事や体験、
聞いた言葉
読んだ本
音楽
自然の美しさなど、
さまざまなものに触れて、感じて、考えたりしたことは、
そのひとつひとつが 一滴一滴、
その人の感受性の性質を構成する成分になって
心という容器を満たしていく。

 

良い経験だけじゃなく、
悲しかったり 辛かったりした経験も、
同じ価値を持つ 一滴一滴。

 

それが心の中に満たされてる人は、
共鳴する芸術に触れて心を揺さぶられると、感動が溢れ出す。

 

そういった人生体験が少なくて、
あまり感受性が豊かでない人だとしても、
同じ成分の一滴が心に混ざっていれば、
その芸術には共鳴し合う。
感動が溢れ出すほどにはならなくても、
きっと何かを感じる。

 

フィレンツェで美術学校に通っていたせいか、
フィレンツェには美術館がたくさんあるせいか、
冷ややかに 「私は芸術がわからない」 と自分で言う人に
今までたくさん会ってきたけど、
それって単に 受信力が弱い状態にあるだけなのでは。 

 

あるいは関心がないだけとか。 

 

誰でも感受性は持っているけど、
自分のなかの感受性が せっかく感じているものを
自分で無視してしまったり、
大切にしてあげてないと、
繊細なそのセンサーは壊れやすいし、
下手するといつのまにか
ミイラのようにカピカピに干からびてたり、瀕死の状態になってたりする。

 

自分の手で何かを 「こしらえる」 ということを知っている人たちは、
芸術を理解しやすいと思う。

 

料理や縫い物、プラモデルなどの造形作品作り、
子供のお絵かきや積み木だって、
自分の手で最初から生み出し、作り上げるものなら何でも。

 

作りたいものが簡単に思い通りに作れないはがゆさ、難しさ、
努力や創意工夫、完成させることの意義。

 

芸術の価値は本来、そこがベースになって評価されてるはずで、
日常生活のなかで、皆何かしらは自分の手で作ってる。 


人って、みんなが潜在的に芸術家だと思う。


そこに更に着想力や技術を持っている人たちが、有名な芸術家として、
歴史に名を残してきた。

 

得た体験を自分なりに「消化」する心の作業をすると、
感性を研ぎ澄ます効果につながるかもしれない。
ただ感じて共鳴を起こす「感受性」から、
それを理解し、評価までできる「感性」へと、
自分の感覚を鍛えて変容させるための、心の作業。 

 

きれいだと感じる、悲しいと感じる、
自分のなかに生まれたその感情を、
中断せずに味わい尽くすこと。

 

十分に時間をかけて感じた後は
自分のこの感情は
どうして、どこから来たのだろう
と考察すること。
時に、作品の生まれた背景や作者のことも調べたりしながら。

 

こういった作業は自分自身について、
新たな発見をさせてくれる時もあって 面白い。

 

その作品の値段や良さがわからないことが、
芸術がわからないことじゃないと、私は思う。

 

観るところはそこじゃない。
その作品の絶対的な価値なんて
最初からどこにもない = 正解は存在しない。

 

私はこれが好き、これには何も感じない・・・・
もっと私的な部分で、芸術って 語っていいんだと思う。