これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

寛大なこととお人好しであることはちがう

 

これは自分に言い聞かせるようになった言葉。


日本人は真面目でお行儀が良くて、
愛想も良いし責任感もあるし、大好きだ
と褒めてくれるイタリア人は多い。


これは今だけのことじゃなくて、
歴史のなかで、多くの、そして一人一人の日本人たちが、
地道に積み上げてきたものが評価されてる面も大きいと思う。

 

でも、世の中にはいろんな人たちがいる。
褒めてくれる人たちが、皆同じように真面目でいい人たちとは限らない。


失礼千万なことを言ったりやったりしても怒らず、
文句を言わず、
それどころか
「自分の認識不足だったのが悪い」
「これは勉強料だ」 などと、却って自分自身を責めて、
不当に要求されるお金を大人しく払い、
あろうことか笑顔で去っていったりする。

 

だからこそ
「日本人が大好きだ」
と言ってる人たちも (世界中に)いるんだってことを
肝に銘じておいたほうが良い。

 

「自分が我慢すれば事は済む」
たぶん日本人はそう思いがちで、じっさいそうする人が多い社会文化だけど、
それは外国では称えられるべき立派な態度とはならない。


「上手くいった。次も日本人をカモろう」
という決心を相手にさせ、新たな被害者を生み出すことに
加担する行為になってしまう。

 

銃やナイフをつきつけられることはイタリアでは先ずないけれど、
世界情勢は刻一刻と変わっているから、今後もないとは言い切れない。
それでもイタリアでの被害といえば 命よりもお財布だと思うから、
そっちの話をしているけど。

 

おかしい、と思ったら、自分の身を守るのはもちろん大原則だから、
とりあえずその場で相手の言い値を払って
安全なところまで逃げたりするのは仕方ないことだと思う。
(本当の本当はしない方が良いけど) 


でもその後、そのまま沈黙せずに、その時点で信用が置ける人
(泊まっているホテルのフロントでもいいから)に助けを求めて、
警察に訴え出ることはしたほうが良いと思う。

 

新聞沙汰になった日本人観光客の被害で、
ローマで、二人でせいぜい6000円くらいの会計に
8万円くらいを払わせたレストランが、
あとで営業停止処分か何か、社会的制裁くらってたことがあった。


あのニュースにはイタリア人たちも
「恥知らず」だとみんな腹を立ててたよ。
被害者の日本人はよく泣き寝入りせずに訴えた、偉いと思う。
そんな面倒くさいことはせずに黙って去って、
早く忘れるほうがだんぜんラクだもの。


届け出ても完全にそういった犯罪がなくなる訳じゃないけど、
次の被害者の数を減らすことには貢献できる。

 

フィレンツェの超高級レストランで働いてた友達に、そのレストランでも
日本人客を舐めて扱ってたという実話を聞いたことがある。


そのお客さんはお店には翌日クレームを入れに来たけど
警察沙汰にするほどの被害金額じゃなかったから表には出てないみたい。


でも店(オーナー)側はしらばっくれるばかりで、従業員たちも聞いていて
情けない気持ちになったそうだ。


そのお客さんは最後には
「私たちが間違えました、すみません、と謝っていただきたいだけなんです!」
と半泣き状態で訴えられていたって。


ずっと長いこと、フィレンツェに行ったらそこでお食事をしたい、という
夢を持っての来店だったそうだから、どんなにがっかりしただろう・・・。

 

実は怖いことには、
こんなことは観光客相手の店みたいに、従業員の国籍や学歴などがバラけていて
社員教育のようなものも受けていない人たちが働いてる場所だけのことじゃなく、
イタリア人のなかでも、弁護士など社会的地位の高い人たちのなかにも、
「大人しい日本人」が大好きな人たちもいるっていう現実がある。

 

お給料の未払いに苦しんでる話とか
(イタリア人同僚も同じ目に遭っているケース、日本人のその人だけのケース)


その裁判を頼んだ弁護士がイタリア人オーナー側と結託して
被害者のほうに不利な条件で結審させられたとか、


アパートのどこかが壊れた(「壊した」わけではない)
住んでるあなた(日本人)の責任だから、あなたのお金で直してね
(ちゃんと住める環境を整えるのは大家の責任、そういう家を貸して初めて
家賃が請求できる←これも最初の数年は知らずに過ごしてた)、


ちょっとこの仕事手伝ってくれない? で好意で 何故かこちらが
微細な費用持ち出しで手伝っていたら、
そのままありがとうじゃあね、で終わる・・・・・


いろんな話を聞いたし、私自身も経験した。

 

嫌だと感じているなら話をハッキリさせないと、
欧米は 「異議なきときは沈黙を以って」  の文化だからね。


「物言いをつける」 を行動に移すのはエネルギーが要るし、
自分自身も不快になったりで避けたいことではあるけど、
そこを面倒がっていたら、状況は更に望まない方向へ行ってしまう。

 

ふみとどまって解決しなくちゃいけない時って、
人生の局面で大小もろもろあったりするから
そういう時は自分に鞭打って、頑張らなくちゃいけない。

 

外国なら尚更。

 

それによって何ヶ月も体調が悪くなったり、
良い人だと思ってた人の本性を見せつけられたり、
自分のことを逆に悪く言われるようになったり、
降りかかってくる火の粉はたしかにある。

 

でも

 

日本人は大人しいからいいようにできる、 という意味で
「大好き」だと言われるのではなく、
日本人は誠実で愛らしい人達だけど 
理不尽なことには毅然とした態度をとるから騙せない

 

これからはそんな評価を目指して、
一人ひとりが地道に頑張っていかないと、
本当の意味で尊重され、好かれる存在にはなれないと思う。

 

寛大であることと、お人好しであることは、ぜんぜん違うことだから。

 

そういう利益を得ている人たちのほうから自らを省みて反省し、
態度を改めてくるなんて先ずないことだし、
馬鹿にしている相手に対して、
徐々にそれが憎しみに変わったりする心理も、人間にはある。
(理不尽な話だけど)

 

世界に伍していくためには、日本人はこのままただの
「良い人」でいるのは危険だと思う。

 

でも親切で良識的な、良い人たちのほうが圧倒的に多いって事実も、
付け加えておくね。


多くの良い人たちのなかに悪い人たちが混在してる。


日本でもイタリアでも、どこも同じ。

 

 

関連記事:

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp