読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

フィレンツェの街の様子

 

私が住んでいたフィレンツェという町は 一年中、
世界各国から来るたくさんの観光客であふれ返ってた。

 

真冬と真夏は多少減るけど、
チェントロ(Centro歴史的保護区でもある街の中心部。英語のセンター)
はいつも、渋谷並みの人混み。 

 

春先に日本から遊びに来た友達は
町並みの雰囲気と 人の多さに、
「すごーい、ディズニーランドか、どこかのテーマパークみたい」
と言っていた。

 
テーマパークって・・・・
これは何百年も前から現存してる本物の街だよ・・・・

 

「天井のない美術館」 とも呼ばれる美しい街だけど、
それだけ人が集まるところには、彼らを狙う別の人たちも集まって来る。

 

漁師たちが漁をするとき、魚の群れを探してそこへ向かうのと一緒。
稼ぎを上げるには漁獲量の見込める良い漁場へ、ってわけで。

 

つまり イタリアで 観光客を狙って犯罪を犯すのは、
イタリア人だけとは限らないということ。

 

陸続きのヨーロッパは昔から
近隣国同士の人々の交流が普通にあった土地柄だけど、
現代の観光地フィレンツェにはいま
東欧、北アフリカ、南米などからも
「観光客狙いの犯罪者」たちがたくさんやって来て、
自分たちも同じ観光客ですって顔をしながら
獲物を狙い、町を徘徊してる。

 

「イタリア人とは限らない」ってことでは、
フィレンツェ市内の多くのお店の従業員やオーナーたちだって、
旅行者の目にはイタリア人に見えたとしても、
実は違うってことがよくある。

 

アラブ系の人たちのなかにはパッと見、南イタリア人(シチリアの人とか)と
あまり区別がつかない顔の人もいるし、
イタリア人たちが嫌っている対岸の国のアルバニア人たちも
日本人の目にはイタリア人とあまり見分けがつかない。
アルバニア人は男尊女卑思想がひどくイタリアでの犯罪率が高い、
という理由で嫌われている。
ついでに言うと同じ理由でルーマニア人も評判が悪い)

 

彼らは別にイタリア人になりすましたり隠したりしてるわけじゃなく
聞けば普通に 自分はどの国の出身だと教えてくれるんだけど、
普段わざわざ 「あなたはイタリア人ですか?」 とか聞かないしね、
傍目にはぜんぶ イタリア人に見えてしまう。

 

私も最初はぜんぜん分からなかったんだけど、
言葉がある程度分かるようになって
現地のいろんなイタリア人たちと、いろんな話をするようになって初めて
イタリア人と、イタリア人ではない人たちの区別が、
ちょっとは出来るようになった。


 
そうしたら裏事情についても耳に入るようになった。

 

道端でヴィトンやディオール等有名ブランドのコピーバッグなどを売ってるのは
マロッキーニ(「モロッコ人」の複数形)や
セネガレージ(「セネガル人」複数形)


でもそれを彼らにやらせている元締めは中国人。
(チネージCinesiと発音される。単数形チネーゼ。
そのコピーバッグを作ってるのは中国だから、元締めは彼らだと
イタリア人に説明された。 道の上に堂々と店を広げているけれど、
これは買うことも犯罪になる。
時々警察が思い出したように「買った側を」逮捕することもあるので
買わないように注意して欲しい。まぁ日本人なら買わないとは思うけど・・・)

 

スリなど財布を狙うのは 
ジンガリ(「ジプシー」「ロマ」の複数形)、
南米人、イタリア人もいるけど東欧人も。

 

「こっそり抜き取る」ケース、
警官などに化けて騙し取る 「芝居が入る」ケース、
多少 「暴力的・攻撃的」 に襲われるケースなど、
現金は いろんな狙われ方をされる。 

 
彼らは一人の獲物に対し
グループの共同作業で「仕事」をするやり方が多い、とか。

 

あと一般人には関係ないことだけど、イタリアでは、
イタリア人ヤクザの他にも、アルバニア人ヤクザなど外国系も
実は暗躍している、だとか・・・・
裏社会も表社会と同様、多国籍&多民族が入り乱れているらしい。

 

フィレンツェは比較的治安は良いほうで、夜でも女性一人で出歩くことは出来る。

 

でも私はまだ慣れてない時期は念のため
夜は早めに帰ったり、
可能な限り誰かに送ってもらったり、
自転車がある時ものんびり漕がずに カッ飛ばして帰ってた。 

 

東京みたいな都会と違って、
夜はけっこう人っ子一人居ない通りも多いので、
暗いし、「こわいよー」と 思わずシャカシャカ漕いでしまっていただけですが・・・。

 

「ここは日本とは違う」ってことを忘れないようにして、
頭の中のどこかでは、昼間でも常に
警戒アンテナを立てて町を歩いてた。 

 

後ろから車や、自転車が来る気配がしたら
何となく振り返ってどんな人か確認したり、
そのときもし車道側の手でバッグを持っていたら
さり気なく反対側に持ち替えたり。

 

フィレンツェで見る観光客たちは、欧米人もアジア人も関係なく、
みんな口をぽかんと開けて建物を見上げたり、
ショーウィンドウに目を釘付けにされながら、
バッグの口まで大きく開けて歩いてる人たちが多くて、
「危ないなぁ」
と、人ごとながら心配になるほどだった。 

 

「私でもスリになれるんじゃ・・・?」
と出来心が出てきそうなほど、無防備な人ばかり。

 

幸せそうで良いんだけど、油断してると
そんなハッピーな気分から
いっぺんに不幸に叩き付けられることもあるから、ほんと気をつけて欲しい。

 

イタリア人によると、
「彼らはプロだから、もしあなたが普段は気をつけていても、
たまたま その時 注意していなかった、そのたった一瞬を逃さない。
イタリア人だって被害に遭ってる。
彼らはそれを生業にしてるんだからね、訓練してるプロなんだよ。」

 

なんか、その手口が鮮やかだと
それを芸術的だと「評価する」風潮すらイタリアにはあるそうで・・・・

 

 

イタリア人、芸術愛し過ぎでしょ・・・・・

 

 

もちろん、自分が被害者じゃない場合に限るそうですけどね★

 

 

 

 

 

関連記事:

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp