これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

フィレンツェの食のオススメ

 

もはやグルメな方には広く知られていることかと思いますが、
フィレンツェに行ったら、とりあえずピッツァは一度忘れて

 

肉食べてください!!!

 

キアーナ牛(=キアニーナChianina)のビステッカ。 
あれは本当に美味しいです。

 

厚みが5~10センチくらいあったりする Tボーンステーキのビステッカ
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(Bistecca alla Fiorentina)といって、
日本人だと2人以上でないと食べきれないかも知れないけど、
量的に無理なら


タッリァータ(Tagliata「切ってある」という意味)という名前の
別のお肉のメニューは 女性一人でも食べられる量だし、
赤身肉の、ちょうど良い大きさに切ってあるステーキに
たいていルーコラとパルミジャーノレッジャーノのスライスが添えられてて
(お店によって若干違うけど)
美味しくて おススメです!

 

どちらの料理も食べる前に、
トスカーナ産の「グリーン色した」オリーブオイルを
肉に少し かけてから食べてね。

 

トスカーナ、というかイタリアのトラットリアやレストランではたいてい、
各テーブルにオリーブオイル(お店によっては&塩・胡椒・ワインビネガーも)
が置いてあるので、それを自分で すうっ と。 

 

イタリア人たちは皆そういう食べ方をしてた。

 

お好みだけど、なかにはプリモのパスタや、ピッツァにすら、
食べる前には 必ずオリーブオイルを一振りする人もいたもの。 

 

肉の焼き加減は、イタリア人はたいてい
「アル・サングエ(Al sangue=血のしたたる=つまりレア)」と注文する。 
私もそれしか食べたことはない。

 

レアといっても周りはこんがりと黒く焼けてて、中心部分がレア。
見事な赤身で、ほとんど脂肪がなく、
肉の味の美味しさや、レアの部分のやわらかさと、
香ばしく焼かれた部分の歯ごたえ両方を味わえる、
美味しいお肉の一皿・・・・・・・・
どうしよう、思い出して食べたくなってきた・・・・・(泣)

 

個人的な意見ですケドせっかく新鮮な肉なら、
ウェルダンで焼いちゃったら(注文しちゃったら)勿体ないと思います。
最高のお刺身に火を入れちゃうよーなもんだ。

 

レストランの外に貼ってあるメニューの中に、
1kgあたりのお肉の値段が書いてある
(小さな黒板に手書きで書いてある場合もある)から、
お財布と相談しながら比べられるし、選べて安心。

 

しつこい様ですが焼いたキアニーナ牛には、
トスカーナの」オリーブオイルを一振りすることを、どうぞお忘れなく。 

 

ビステッカはレストラン側で味付けして出てくる場合と、
お客がじぶんでやる場合とがありますが、
基本的にイタリアでは肉の味付けは、

 

塩、胡椒、オリーブオイル  のみ!
です。 

 

コントルノ(つけ合わせ)も何か一皿、野菜が欲しかったら・・・。


逆に 注文するのを絶対忘れちゃいけないのが 赤ワイン。 
これがないとビステッカの美味しさ半減です。 言い切りますが。

 

他にも、
これはトスカーナ料理なのかよく知らないけど、
私が好きだったのはペポーゾ(Peposo 胡椒まみれ、みたいな意味。 
スパイスの効いたお肉の煮込み)とか、
プリモになるけど イノシシ肉のラグー(Ragu’ミートソースのこと)とか、
冬に寒い山の店で食べたお豆の煮込みも、
シンプルなのにすっごく美味しかったし・・・・・


トスカーナの山の幸のポルチーニやタルトゥーフォも、
旬の秋~冬だけだけど、
質の良い美味しいものに、フィレンツェでは出会える。

 

今くらいの季節だと・・・・


たしかパスクア(キリスト教の復活祭)が終わって 気温が少し上がってくると、
日本のソラマメよりは小ぶりな、でもよく似たお豆を、軽く蒸して、
ペコリーノ(チーズ)と、ビールや軽めのワイン(赤白はお好みで)で、
皆でおしゃべりしながら剥いて食べるのが美味しかった・・・・・
ことを今、思い出した。

 

フィレンツェのどこかのトラットリーアで、アンティパスト代わりに
その「豆&ペコリーノ」を食べた記憶もあるんだけど、
あれは常連さん用に店が出してきた、メニュー外の一皿だった可能性もある。


旅行で行った人もどこかで食べられるのかな・・・・
ゴメンね、うろ覚えな上に中途半端な情報で・・・・
(私は連れていってもらっただけなので・・・)

 

もとい。

 

とりあえずフィレンツェでは、一回は
キアニーナ牛ビステッカ
トスカーナの赤ワインを召し上がることを、私はおススメします!

 

 

 

関連記事:

 

luriha.hatenablog.jp

 

 

luriha.hatenablog.jp