読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

見抜かれてます

恋愛カンケイ

 

イタリア人は人間観察が鋭いと言ったことがあるけど
ほんとに、見抜いてることが多いよ。

 

よくイタリアでイタリア人男性がナンパしてくる話があるじゃない。
あれもイタリアで生活してるうちに、別の感想を持つようになった。

 

彼らは実は、その女性が、心の奥底でそれを望んでるのを見抜いてて、
だから声かけてるんじゃないかと。

 

きっとすてきな女性だなと思ってるのは間違いなくて、
お話ししたいのも本当なんだけど、
それだけじゃなく
彼女のほうも、心のどこかでそれを望んでるってことがわかるから、
最初から成功率の高い人に話しかけてる。

 

たぶん最初にその女性を目にしたとき、
視線に気づいた彼女の、自分に対する小さな反応
あるいは、歩き方や動きや雰囲気(時間を持て余してそうなとか)
そういうものを見逃さない。

 

その女性が言葉で拒んでみせたところで、イタリア人の観察眼は鋭いから、
どこまで本気でそう言ってるのかも、最初からたぶんわかってる。

 
だからそうした方が効果的だと踏んだら、態度や言葉で
「押したり引いたり」もする。

 

女性の国籍問わず、本気でナンパにキレてる女の人、
見たことも聞いたこともないもん。


むしろ皆楽しそうに、その時の男性とのやりとりを話す。 


怒らせないんだよね、イタリア男のナンパは。


「程度」をわきまえてるんだろうな、
その女性が望んでいる、口説きの度合いや方法、そして引き際も。


間違っても、断られたからって一転して、直接女性に悪口言うような、
間抜けで格好悪いマネなんてしない。

 

「そう、じゃまた今度ね。良い散歩を続けて」
とか
「良い一日を」とか言って、笑顔で手を振って別れる。

 

私が思うに、あれは彼らにとって単に「コミュニケーション」のひとつで、
「恋人探し」ではない。


だって、考えてみてください。 


往来の真ん中 なんて色気のない所で、イタリア男が本気で女性を口説くと思う?
いちおう彼らは「ロマンティック」と言われて(暴露:「一部誤解されて」)いるんでしょう?

 

彼らが声をかけるのは、魅力的だと思った女性との、
ちょっとした言葉のやりとり、交流を楽しむための気楽なものだよ。
イタリア男性が、
本当に雄の匂いを放ちながら そういう空気を作り出そうとするのは、
それなりに何段階か踏んだあとの
一番最後の
二人だけになったインティマ(intima 「ごく内部の」「親密」)なシチュエーションでだけだと思う。

 

だからもし道で彼らに話しかけられても、そんなに慌てて逃げなくても大丈夫(笑)


普通に 言葉のやりとり、コミュニケーションを楽しんでみたら良いと思う。
但し 
大人として 女性として 常識的な警戒心は忘れずに。
自分の判断力を信頼できないなら、むしろ慌てて逃げてOKかと。

 

ちなみにイタリア人は、
大人の女性はプライド高くてそんなことしないけど、
若い女の子だと、自分から男の子をナンパしたりもしてるみたい。 


ナンパというか、気軽に話しかけるというか。


大人の女性も、その男性の前では気取ってるんだけど、
女友達だけの所では、
「あの人超ステキー!!!ああ~もっと話したかったわ!
ねぇっ、次いつどこで会えるかしら!?」
なんて言ったりしてる。

 

ちなみに 日本人の男の子や男性に対して、
イタリア人の女の子や女性がそう言って、盛り上がってる時もあるよ。 

 

日本人男性に使われる言葉は
カリーノ(Carino 「かわいい」 女性や女性名詞につくときはカリーナ)
が多いけど、
ベッロ(Bello 「美しい・ハンサム」 女性にはベッラ)も言われてる。


 
ここで一言*
2011年に帰国するまで「イケメン」という日本語を知らなかったし、知った今でもこの言葉には馴染めません。よって、古語だろうが私は「ハンサム」を使わせていただきます。 
というか・・・
「イケメン」て最初は、あの、へんな髪形の、化粧もして(?)綺麗に見せてる男の人たちのことを指す言葉なんだと思ってた。 
まさか眉目秀麗な男性すべてを指す一般名詞に成り代わっていたとは、しばらく気づかなかった・・・・
お願いだから言葉のデノミやめて・・・・(T_T)

 

話を戻します☆

 

彼らの観察は、表情、言葉、小さなしぐさや、一瞬の目線にも及んでいるっぽい。


また、自分に向けられる視線にも、ものすごく敏感。

 

街なかなどで、少し遠くの店のほうとか、
あれ何だろ?と何かに気を取られて目を向けたりすると、
その対象物と私の目線の同一線上にたまたま入ってた人が、
すぐにぱっと目を上げて、
私のことを見たりする。

 

私がその対象物に目を向けてから、だいたいいつも3秒以内に顔を上げる人が多い。


あれは凄いと思う。 


きっと彼らは、いついかなる時でも出会いを逃さないだろうし、
もしかして余計な出会いも生んでいるのでは、と思われる・・・・・

 

(こういう時ね、日本人らしく「あ、どうも・・・」的に会釈しちゃったり、
お愛想のつもりでこちらもその人を見つめ返して、ニコッと笑顔を向けたりしたら
「あの女性に、男として応えねばならぬ」という気持ちにさせてしまうみたいなので、その気がないなら<無表情>がんばってね。)

 

鋭い観察眼は、異性間だけに発揮されるわけじゃない。


プライベートな情報は何も話さないで、イタリア人の女友達と日本人の女友達を引き合わせても、しばらくするとイタリア人たちは、


「ねぇあの日本人の子、こんな子でしょ」 とか、
驚くほど正確に人物像を言い当てたりする。


どうしてわかるの?と聞くと、
見てりゃわかるよ、と
どこをどう見ているんだか謎なんだけど、そう答える。

 

歴史的にさまざまな外国人たちと交わり、
戦い合ってきた長い経験があるから磨かれてきた
観察眼であり、能力なんだろうな。


他のヨーロッパ人たちもイタリア人と同じように、観察眼は鋭いんだろうか?


「外交を学ぶならヨーロッパ」だと、昔は言われていたしね。 (今も?)

 

島国ニッポンには戦国時代から維新まで、
いちおう小国に分かれていた時代や
外交戦を戦う時代もあったけど、


ベースとなる部分ではほぼ単一文化で暮らしてきたから、
地政学上そのへんは出遅れる運命・・・・・

 

こういうのって、アタマの勉強とか研究で追いつけるもんなのかな?


無理だろうなあ・・・・


人間対人間の経験値って、
研究・分析もさることながら、
やっぱり、生身でじっさいの経験を積むのも、かなり重要だよね。

 

グローバル化が今後ますます進むであろう国際情勢や
国内事情においては特に、
次世代を担う若い人たちもたくさん、
海外でちょっとでも武者修行して、異文化の人たちとの
対応法や対処法を体得してきてくれないと、

私は真面目に日本の将来が心配なのですが・・・・・

 

 

関連記事:

 

luriha.hatenablog.jp