これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

パリの異邦人たち

 

パリの街で見かける黒人の人たちの多くは
皆とてもお洒落で、
品がよくて、洗練された人たちに見えた。

 

失礼な言い方かもしれないけど、
ヨーロッパのほうではなく
もしアフリカに住んでいた人たちのほうが最初に
今のような文化文明(科学も含めて)を築きあげていたなら、
その文明の都会に住んでいたのは、こういう人たちだったんじゃないだろうか・・・
と思わせられるような、

 

ふだん アメリカのニュースやドキュメンタリーや、
一部、映画でも見るような黒人の人たちとは、
雰囲気のまるで違う黒人さんが多かった。

 

物腰とか、こちらへ目線を向けるときの表情や、
服装、髪型、話す声のトーン・・・・・

 

そういったすべてのものが
いかにもパリジャン、パリジェンヌといった感じの、

 

ちょっと気取った、けれど粗野なところのない、
「自分は、ここの<市民>としてここで生活している人間だ」
という自信と、落ち着きのある人々。

 

他の人種の人たち、たとえば

 

ベトナム人など、フランスを旧宗主国とする国出身の人とか、
マダガスカル出身の人とか、
他のヨーロッパ諸国出身やそれ以外の国からの外国人たちもたくさん、
それぞれ自由意思でもって パリに住んでいるのだろうけど

 

私がパリに住んでいた ほんの数ヵ月のなかで感じたのは

 

そういう、他の国から来てここに集っている人たちは皆
パリの住民、
パリジャン、パリジェンヌとしての 身の持ち方や態度を崩さないよう、
それを自分に課して生活してるんじゃないだろうか?
ということだった。

 

自分の国でのそれまでの生活習慣ではなく
<パリの生活習慣>のほうに、自分を合わせている印象。

 

憧れて、彼らが自発的にそうしたくて、そうしているのかも知れない。
パリという街が、人にそうさせる力を、なにか持っているのかも知れない。

 

その時の私はフランス語なんかほとんど分からなかったから
パリに住む人と直接話したのは、限られた人たちだけだったし、
滞在期間も、観光客に毛が生えた程度の短いものだったから
この印象も
単に上辺だけ見た、的外れなものかも知れない。

 

それでも、その時の私が見たものは、
たとえ文化的バックグラウンドがどこであれ、
<その街に住む以上は、その街のルールに従って、
その街の雰囲気を作り上げる一要素に、自分自身がなる>

 

そのことを自ら納得し、許容し、協力しようとする人たち。

 

もしかしたら、それが<パリジャンたち>なのではと
(私に)思わせた人々だった。

 

1998年の春だったから、今とは違うパリを私は見てる。

 

けれど移民問題を考えるとき、
今でも私はあのときパリで見た、異邦人のパリジャンたちを想う。

 

あれが理想ではないかと。

 

「その街の雰囲気とルールを壊さないよう、自分が
その街の市民としての生活習慣に合わす」

 

外国出身の市民が 自発的に

そうしたい
そうしよう
と思わせる魅力を、その街自身が持っているかどうか。

 

その<街の魅力>が薄れたことが、
今のフランスやEU諸国での混乱の原因なのだろうか・・・・・

 

判らない。

 

けれどもし今後、日本が外国からの移民を、各地に受け入れることになるなら、
あの頃のパリのような街ばかりになってほしいと願う。

 

希望はあると思う。

 

外国出身の人たちが憧れ、
こんな街に住みたいと願ってやって来るのが、今の日本であるなら
彼ら自身がそのバランスを壊したいとは考えないはずだから。

 

ごみを捨てず、公共のものを壊さず、地域のルールに従い、
他の人を思いやって、静かに暮らす。


そういう市民たちが、
治安がよく 清潔で 効率的な生活環境 というものを産み出す。

 

迎える私たちが彼らに、どうすれば良いのかを
そうやって教えれば良い。

 

彼らに学ぶ姿勢があるなら、
どうすれば良いのか分からないなら、
教えてあげなくてはならない。
ご近所さんとして。

 

教えるってことは 
関わり、コミュニケーションすることだから
外人さんだからといって 
見て見ぬフリや 大目に見たり 甘やかしたりせず
日本人と同じルールを守ることをきちんと要求するような、
<日本人側の意識や態度の変革>が求められると思うけど

 

そうやって暮らしている多国籍の市民や町民、
東京都民(東京人?)たちが 
隣人として、日本人と一緒に生活していくなかで、

 

新参の外国籍の住民がなにか不適切な行動をしたら、

 

日本人の発想では対応策が産み出せなくても、
外国籍の市民たちが、
そういった迷惑な行動をする外国籍の生活態度を改めさせるために、
なにか良い知恵を提供してくれるようになるんじゃないかな
自分たちの住む街の静けさや治安を守るために。

 

そんな簡単に上手くいくわけない
そんなのはただの理想なんじゃないか ということは分かっているけど、
絶望からは何も始められないじゃない?

 

それに

 

既にもう、「移民」は始まっているもの。 
そして今後、その数は増えていくはず。
国の政策というよりは、「地球全体の流れがそういう時代」だから、今は。
日本だけの現象じゃないよ。

 

いま日本が外国人たちに対して持っている
<街の力><街の魅力>を、(街≒国)
移民たちの<数>と<怠惰性>よりも強く保ち、
それを弱めないために出来ることは?

 

あるいは、別の方法でも良い。

 

移民が増えることによって日本の社会の調和が壊されない方法なら、何でも。
この調和を保ちたいと望む全ての市民が協力し合って出来ることなら、何でも・・・・・

 

私たちがいま早急に、真剣に考えなければならないことはソレなんじゃないかなと、
なんとなく最近 そう考えてる。

 

でもちなみにこれは

 

外国人が、日本のパスポートを持つ日本人になれるかどうか 
ということとはまったく違う、別の話。
(当然★)