読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

<情報>考~特に次世代の皆さまのための

聞いたこと

 

大学でNews Writing の講義を受けたとき
最初の授業で先生がおっしゃったことを今でも憶えてる。

 

「たとえば<10名の死者が出た事故>の記事を書くとき、
ニュースはただ、その事実だけを書かなくてはならない。
その記事に、<10名もの多くの犠牲者を出した事故>
の<多く>など、感情や感想を誘導する文字は入れてはならない。
多いか少ないかを判断するのは読む側の個々人であって
それを報道するジャーナリストではない」

 

そうなのかー と思って
その日の夕方、帰宅してさっそく、家にある新聞を
先生の教えの視点から読んでみたら
折しも事故事件の記事があり、思いっきり<多くの><悲惨な>などの文字が
並んでいた・・・・・

 

その頃はまだ「正しい日本語」の最後の砦で 
頑張ってる印象だったNHKの報道でも
そういった言葉は 日々のニュースの中で普通に使っていたから

 

日本のジャーナリズムって、ダメなんじゃん・・・・・

 

と 文字どおりorzのポーズになってしまい、悲しくも残念に思った10代の秋。

 

その頃の大学生が読むノンフィクション作家って、
沢木耕太郎とか落合信彦が多かったと思うんだけど
(私の周りだけですか?)
落合信彦氏の講演会だか何だかに行く機会があって、そのとき同氏が
「新聞はベタ記事を読め」
という発言をされていたのも、妙に記憶に残ってる。

 

隅っこのほうに載ってる小さな記事を毎日注意して見ていると、
事件の過程がよく追えるよ といった内容。 

 

数日前にベタ記事で登場した小さな事件が、日を追うごとに大ごとになって行き
メイン記事に「育ったり」することもある。


その頃はまだインターネットがなかったから
一般の人は
情報は活字で配信されるものからしか、得ることが出来なかった。


そのなかで せめてバランスをとるためには
新聞も、ひとつだけじゃなく、2~3紙平行して目を通すべきとも言われてた。
これは今も同じだけど。

 

何事もそうだけど、とくに世界情勢に目を向けるとき、
そういった小さなベタ記事をおろそかにしないように 
という話で
まだ10代の私にとってはその指摘は、とても勉強になった。

 

自分から情報を取りに行く。
そのことは、とても大切だと思う。


報道で与えられる内容をそのまま鵜呑みにせず、
別の視点の報道を探しに行く。

 

そのあと自分の頭で考えて、その事件や出来事(matter)が
どういうものなのかということを、自分なりに解釈する。

 

「そんな時間ないよ・・・」
たいていはそうだ。
でも大切なのは、実際に 文字通りにそれを実践することよりも
<そういう心づもり> <そういう視点> を
常に自分の中に置いておくことのほうだと思う。

 

なんとなく引っかかった件だけをそうやって追ってもいいし、
べつに追わなくてもいい。

 

ただ ひとつのことに対して
誰かが書いた記事だけを読んで 「わかった、終了」 
と <思い込まない頭> を持つこと。

 

それはどうしても個人的な姿勢に頼らなければ出来ないことだから、
ひとりひとりが心がけるしかない。

 

ここでちょっと社会を俯瞰して眺めて
「情報」に対する日本人の一般的な傾向について、改めて考えてみて。
そして その傾向と自分自身を比較してみて。
いま自覚する自分の姿勢はどんなものか、今まではどうだったかも。

 

判断力を鍛えるため、総合的なサバイバル能力を高めるための、
身近で出来る訓練だと思うよ。
脳みそを今よりももっと、使う習慣をつけよう。
世の中の出来事で、<正解/真実はこれ一つ> なんてことは殆どない。

 

どこかの誰かに足元を掬われず、
自分の足でそこにしっかりと立つためにも

 

自分の知見を広めて、自分の頭で考えて、
判断力を自分の内に育てていこう。

 

正解とか指標がないことは、日本の学校教育で育った私たちにとっては
不安で難しく感じることではあるけど、
人間の判断能力って
そういう、正解の判らない状況のなかで、疑問や不安と闘いながら
孤独に養っていくものなんだよ 
自分で自分を育てていくって そういうことなの。
だから他の人たちと意見を交換しあうことも大切になる。
新しい、別の視点を手に入れるためにね。

 

若い人たちは特に視野を広げて欲しい。

 

なにごとも 自分の頭で「も」 判断するようにしてみて。
常にそれを検証し、意見や判断を改善して変えていく。

 

自分の最初の意見や判断に固執する必要はない。
むしろそんなこと、しちゃいけない。


最初に持ってた情報と、今持ってる情報は違う。
判断だって、意見だって、それによって変わって来る。


一度口にした意見を引っ込めたくないという理由だけで
屁理屈を口にせざるを得ない状況に陥ることのほうを怖れるべき。
自ら見苦しい人たちになりに行くことはない。

 

どんどん新しい情報を取り入れて
どんどん考察のベクトルを変えたり、深めたりしてみて。
格言にもあるよ、
<たった一冊の本しか読んだことのない者を警戒せよ>


もし 「おまえ、この前はああ言ってたじゃないか」 
と あなたを揶揄する人がいたら、
「おまえは古い情報のままの世界に生きてるのか?」と聞けば良い。

 

自分の意見を持つことを怖れないで。 


それが不動のものになるまでには 流動的な時期を経る必要があることも、
それが普通で自然なことだっていうことも 覚えておいて。

 

物証が明確な物理や科学の世界ですら、
今現在の<真実>は、新しい発見で随時更新され、変化していく。

 

自分を常にアップデートし続けることで逆に
揺るぎない確信と出会うことも、人生にはある。
それを見分けられる能力がついてくる ということ
筋肉が鍛えられてくるように。

 

大人の言うことをただ鵜呑みにしないで。
人間であるかぎり、誰にだって間違いはあるから。

 


でもま、私もそのオトナの一人なんだけどね。

 


さて 

 

とりあえずみなさん、
こういったひとつの意見も踏まえてもらったうえで

 

日曜日の選挙は忘れずに行っときましょうか?

 

 

 関連記事:

 

luriha.hatenablog.jp

 

luriha.hatenablog.jp

 

luriha.hatenablog.jp