読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

夏のトスカーナの食卓

 

暑い日々が続くと食欲がなくなるのは万国共通。
イタリアの夏の食卓でよく見かけるのは、ボリュームのあるサラダが多かった。

 

固くなったトスカーナパンを
水+お酢を混ぜたものにつけてふやかし、よく絞って
手でポロポロと崩しながら、レタスやトマト、玉ねぎ、ルーコラ
(アレンジで +ツナ、ゆで玉子etc.)
などフレッシュ野菜の中に入れて
サーレ(塩)・ペペ(胡椒)・オリーブオイル・ワインビネガー
バルサミコ含む)で味付けする、
パンツァネッラ(Panzanella)というトスカーナ風サラダが
フィレンツェでは一般的。

 

イタリアではわりと一年中温かい料理を普通に食べてて、夏はせいぜい
オーブンを使う料理が減る、という程度。
素麺や冷やし中華みたいな冷製パスタメニューはイタリアにはないけど、
こういったサラダには 茹でて冷やしたショートパスタを使うこともある。
パスタ以外ではあと、お米とか、麦とか入れてボリュームを増す。
サラダをたくさん作って、大きなタッパーで冷蔵庫に入れて
毎食のように食べてる人も多かった。(その都度別のものを加えたりして)

 

いちど日本の素麺風に、細めのスパゲティ(カペッリーニ)を茹でたあと 
水にさらして、 予め作って冷やしておいた
サイコロ状に切ったトマト + 玉ねぎのみじん切り少々 +
フレッシュバジルたっぷり(ベランダか庭に鉢植え置いてた) +
塩・胡椒・オリーブオイル + 仕上げにパルミジャーノレッジャーノ
(トマトと大きさを揃えたモッツァレッラでも美味しい)
をイタリア人に作ってあげたら、
非常にビミョーな反応をしていた。
「温かいものであるはずのパスタが冷たい」 という事実に、
全神経が上手く対応できなかったようだ。
眉間に皺寄せながら 考え込むように食べていた(笑)
味は普通に美味しい、味に問題はないのだが・・・とかブツブツ言いながら。
二度目以降はカルチャーショックが薄れたらしく 
「慣れたらウメーわ♪」 言うようになったけど。

 

夜でも 昼でも
プロシュットやモルタデッラ(←ハムです)、モッツァレッラ、トマト、葉物野菜
で軽く済ませてたり。 (+パンは必ず)
思ったほどイタリアの人たちって、量を食べなくて平気みたいなんだよね。

 

イタリアの、中身がオレンジ色のメロンを冷蔵庫で良く冷やして、
生ハムと一緒に食べるのもこの季節。 メロン以外にも、
イチジクと合わせたものを外で食事したときにいただいたことがある。 
どっちも美味しかったなー

 

フィレンツェは内陸の町なので魚介の値段は高いけど、
ムール貝はスーパーで安い(アサリは逆に高い!)から
白ワイン蒸しは夏によく作った。
プレッツェーモロ(イタリアンパセリ)とレモンをかけると、
風味が増して美味しくなる。
トスカーナパンを そのままでも ガーリックトーストにして
一緒に食べても良いし、
リングイネ(細身のきしめんパスタ)でプリモで食べても どっちも満足。 
よく冷えた白ワインと、休日のお昼にベランダで食べるのが美味しかった。

 

あと
夏野菜のズッキーニ、茄子、玉ねぎ、にんじん(他にも野菜なら)を炒めて
トマトピューレで煮込むラタトゥーユを、夏にはよく作ってた。
お豆を入れる時もあれば、野菜だけの時もあり。
イタリア語で同じ料理をカポナータというのだけど、
最初にラタトゥーユとして覚えたから いつもこっちの名前で口にしてしまう。
(でもイタリア人にもラタトゥーユと呼ぶ人もいる)
これは冷蔵庫で冷やしても美味しいので、たくさん作って残りは冷やしておいて、
暑くて料理する元気がない時、パンやチーズとこれで
簡単に食事を済ますにも便利だった。
食べるときにパルミジャーノレッジャーノをすりおろすのは共通。         あと、オレガノか マジョラムも。                              

 

夏バテ対策なのか、手っ取り早くエネルギー補充ということなのか、
イタリア人の友達のなかには
ガッツリと肉を焼いて、野菜も焼くか 簡単なサラダと摂りながら
シンプルに、「夏は肉+野菜」 を繰り返してた人もいた。
魚のグリルも時々してた。 

 

思い出してみると 
イタリア人は夏の台所では 
「火を使う時間は短く」or「夏は煮込まず、焼く料理」 
っていう傾向だったなぁ。
イタリアの家って基本的にエアコン使わないから、
なるべく家の中の気温を上げたくなかったのかもね。
たいてい窓ガラスは開けて空気は夜でも通してたけど・・・

 

魚といえば、夏は外でちょっと食べるとき、
レモンと塩をかけた魚介のフリット(揚げ物)も美味しかった。
夏の夕方の屋台とかでよく食べた。
ビールとも合うし、白ワインにも合うんだよね。

 

ポルチーニは夏の終わりくらいからメルカートに並ぶので、
厚みをもたせてスライスして、
家だと バターでソテーしたり、
小さく切ってパスタソースにしたり(私はクリーム系で作ってた)、
誰かの田舎の家だと BBQで庭のグリルで網焼きして、
塩とオリーブオイルかけて戴いたり。

 
生はそうやって食べるけど、
日本へ帰る時のお土産にも好評だったドライポルチーニは、
何といってもリゾットが美味しく作れるからおすすめです。 
水で戻して使うんだけど、戻した水も捨てないで、ちゃんと
お米を煮るのに使ってね。 
大事な出汁だから。
私はポルチーニのリゾットを作るときは 自分独自のやりかたがあるんだけど
それを食べたイタリア人たちから 
「お?」 「♪」 「!」 の反応をもらってたんだよ♪
良い材料さえ手に入れば、今でも作れるんだけどな・・・・

 

友達に声かけて 有志で集まって、
夏のトスカーナの食卓再現でもやろうかしら・・・・