読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

夏の夕方はスプマンテを開けないと始まらない

 

イタリアでは、夏はそんな生活でした。
スプマンテ大好き♪ 
(Spumante イタリアンシャンパンの総称)

 

でも いくら何でも毎晩ボトルを空にしてたわけじゃないからね?

 

うちではワインをストックする習慣はあまりなくて、
いつも スーパーでその週に特価になっているトスカーナワインや
他の州のワインを、後ろのエティケッタ(ラベル)に書いてある情報を読みながら
選んで買って、普段の食事のときに開けて飲んでた。

 

スプマンテも夏になると特価になるので 
プロセッコや、シャルドネなどのスプマンテを数本買って、
毎週いろいろ飲み比べてた。
(イタリアではヴェネト州ピエモンテ州スプマンテが有名で種類も多い)

 

開けてしまったスプマンテが飲み切れない時は
残りを500mlのペットボトルに入れて冷凍庫へ。
(あまり多く入れ過ぎないように気を付けて)


翌日、マラカスみたいにシャカシャカ振ってからグラスに注ぎ 
<わたしレシピ>としては 100%のオレンジジュースを上からかけて
ラニータ風ミモザ(*)にして、その日のアペリティーヴォAperitivoの
1杯めにしてた。

(*ミモザシャンパンとか辛口スパークリングの白+オレンジジュース
のカクテルの名前。
イタリアで頼むときは「ミモーザ」って、真ん中のoにアクセント置いて
発音してください。
ラニータはイタリア語で「かき氷風ドリンク」のこと)

 

これ自体 別に何てことないアイデアなのに、
周りで同じことやってる人はいなかったみたいで 
作って出すとみんな 「美味しい!」 と感動してくれて、
イタリア人にも 日本人にも 好評だったよ。

 

日本に戻ってきて夏が近づいた頃、
そういえばスプマンテをどこで調達できるのだろう・・・と心配した。

 

そりゃお金を出せば見つけられることは知っていたけど
イタリアでは3ユーロ台でも美味しいプロセッコが気軽に買えてたから、
(Prosecco 厳密に言えばぶどうの品種の名前だけど、イタリアでは
プロセッコと言えば、ほとんどスプマンテの代名詞扱い)

 

日本でのお値段を見たときには
「そこまで散財するべきものだろうか・・・」
という <根源的な問い> を自らにしてしまい
心理的、お財布的に納得いかなくなってしまう。

 

輸入品だから仕方ないんだけどね。 
でも私の場合 特別な時のために一本買うわけじゃなくて、
毎日でも開けるつもりでおりますゆえ・・・・(麦茶か)

 

 でも よく探してみると
イタリアのスーパーと変わらない値段(400~800円)の、
フランスやスペイン、ニューワールドなどの美味しいワイン
(スパークリング含む)を見つけられる時もあるから 
今のとこ ワインの禁断症状は出なくて済んでる。
(チリ産ワインは裏切らない。ことごとく美味しい!すごいねチリ!)

 

5月半ばくらいから 9月はじめくらいまでのイタリアは、
日が落ちるのが夜8時過ぎ~9時くらいになるから
夏の夕方から夜にかけては、長い享楽の時間となる。

 

7月末までは街のあちこちで、主に
野外でのコンサートや ワインナイトなど 夜にはさまざまなイベントがあるから


仕事のあとに待ち合わせて 
どこかのロカーレ(Locale「夜にお酒の飲める場所」の総称)で
アペリティーヴォ(*)してからそれを観に行ったり、


アペリをしながらステージを観られるロカーレもあるし


早めに家でチェーナ(Cena「夕食」)してから、気になるイベントを観に
チェントロへ行ったり、


イタリアで 夏の夜に外で時間を過ごすのは 気持ちの良い、楽しい習慣だった。


(*ここでは単なる「食前酒」の意ではなく、「ドリンク代を払えばビュッフェが
食べられる、いわゆるHappyHourサービス」のこと)

 

涼しい、心地の良いやわらかな風に吹かれて散歩しながら
ジェラテリーア(Gelateria)でジェラート買って、食べながらまた散歩を続けたり


広場のベンチなどで 座って音楽を聴きながら(*)
おしゃべりをしたり、暑い季節は暑い季節の楽しみが、生活のなかにあった。


(*よく広場や道で演奏してる人たちがいる。ヴァイオリンやオペラのアリア、
ギターと唄、タンゴを踊って見せる男女、ジャズの小さなグループ・・・・etc.)

 

8月に入ると街のイベントが、コメディの大道芸人さん以外ほぼ何も無くなっちゃうし 毎年、たいてい同じ人たちがやっているので、一度見てしまったら 
あまりもう・・・興味がわかない。
チャプリンの格好でリナシェンテ横が定位置のおじさん、今年もやってるのかな)


お店も長期休暇に入るところが増えて 人(イタリア人)が少なくなり、
街は観光客ばかりになる。


でもジェラテリーアはちゃんと開いてるから大丈夫♪ 
もう、それさえ開いててくれれば(笑)

 

イタリアでは夕食後に時々、 
「映画でも観に行く?」と散歩がてら映画館まで行って、映画を楽しむことも
あるんだけど、映画館にも夏休みがあって、夏の間は閉まってしまう。

 

でもその代わり、星の下映画館(Cinema Sotto Le Stelle)といって
夏季限定の 映画専門野外シアターがオープンするので、


ヴァカンツァに行かない地元のイタリア人たちは そういうところに出掛けたり、
特に週末は 車で郊外のロカーレに踊りに出掛けたりする。

(そういう場所ではラテン音楽がかかってるところが多い)

 

こういったところは観光客たちの行動範囲からは少し外れた場所が多いし、
毎年必ず同じ場所でオープンするものでもないから、
地元の人やツーリストインフォや、ホテルの人から情報収集してみてね。

 

そして まだ日が高く見えても
だいたい18時過ぎにはフィレンツェはもうアペリティーヴォの時間なので、


その時間を過ぎたら イタリア人に合わせて
「生産的な」活動は終わりにして


雰囲気の良い、気に入ったBarバールに入って席を見つけるか、


家でくつろいだ服に着替えて
いちばん景色の良い窓辺か 風の渡るテラスで、

 
辛口の 良く冷えたスプマンティーノで
(Spumantino「スプマンテちゃん」←時々こう呼ぶイタリア人もいる)
<その日の夜>をスタートしてください♪

 

誰かと予定を話し合って 
シャワーを浴びてさっぱりしてから お洒落して出掛けても良いし 
そのまままったりと家で過ごしても楽しい(DVD観たりして)。

 

長い夏の毎日が続いて
仕事で消耗してても 
夕方に冷えたスプマンテに辿り着けたらリチャージ出来てたなあ。
イタリアは なんといっても気候が良いよ。
日本みたいに湿気に体力を持っていかれないのは大きいと思う・・・

 

というわけで フィレンツェは夏の夜も楽しいです♪


昼間いろいろ動いて疲れても ホテルやアパートで一休みしたら、
ジェラート食べに 外に散歩に出かけてみてね。


気候、雰囲気、街の様子・・・・


日本では味わえない大人の時間です。

 

 

こちらもどうぞ↓

 

luriha.hatenablog.jp