読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

「American」は何て読む? <犯人を特定しました>

 

うちのおばあちゃんは、小麦粉のことを メリケン粉と呼んでいた。
だから私も小さいときから、小麦粉と メリケン粉
言い方が違っても 同じものだとわかってた。

 

大きくなってから、ある日ふと
なんでメリケン粉っていうのかな? と思ったんだけど

 

ひょっとして
小麦粉は アメリカから入ってきて、
だから メリケン というのは
アメリカ人自身が発音する 「American」の音 
そのままで言ってるんじゃないの? ということに 
そのとき 思い至った。(←これが正解かどうかは知らないです)

 

幕末や もっと前の時代にも 
外国語通訳ができる日本人はいた。

 

辞書もない時代、おそらくは ほとんど独学で
ひょっとすると
実際の発音すら あまり聞いたこともない状況で勉強してたなら
実際に直接 外国人から習うチャンスがあったときは、
音(発音)は 聞こえるそのままの音で覚えていったんだろうと思う。
普通に。

 

日本語も 今の五十音にまとめてしまう前には
もっと多様な さまざまな音があったから 
(「ゐ」や「ゑ」は 「昔の日本語の音」の 
最後のひとかけら なのかな・・・)

 

昔の日本人の耳は
今の日本人たちよりも もっと繊細に 多様な 外国語の音を聞き分けられて
それゆえ 自分で再現(発音)することも 今より出来たのかも知れない。

 

日本の語学教育の弊害は、発音の部分に
いちばん出ているんじゃないだろうか。

 

「American」 を英語圏の人に読ませても
どう聞いても、 アメリカン とは聞こえない。 


メリケン のほうがよっぽど ネイティブの発音に近い。

 

今の語学教育はなぜ最初から、ネイティブの発音のまま
覚えさせようとしないのだろうか。

 

もっと馬鹿らしいのは

 

ネイティブに近い発音をすることを、
気取っているとか
まるで恥ずかしいことのように あざ笑う風潮だ。

 

意味がわからない。

 

Americanの読み方を 「アメリカン」と表記している限り、
聞き取れるようになるわけがない。

 

「傍線の部分の発音記号が同じものはどれか?」 なんて 覚えたとしても
外国語で会話するときに役に立つことなんて 一度たりともない。

 

これは 英語 イタリア語 フランス語 マンダリン(北京語)
を勉強した経験のある、私の実感から言ってる。

 

現地人が発音してもいない 全くちがう 「存在しない音」を
しかもカタカナ表記で世間に流通させ、
学校では 耳よりも「発音記号」で 
聴覚ではなく視覚で 発音を覚えさせてたら
現地人との「実際の音」での会話では、
混乱と 無力感に さいなまれるのは必至でしょうに・・・・

 

普通に考えりゃ誰でもわかるよね、そんなこと。
なのに
日本の英語教育の関係者たちは皆、無能揃いなのだろうか?
責任者、いるなら出て来て説明してくれ。 

 

それと同時に

 

日本社会に何故かある、
外国語で正しい発音をしようとする人を からかったり、 
皮肉な目で見る という悪しき風潮をつくりだす元となる <卑屈な劣等感>
あるいは <嫉妬>が
自分の中にもある、と もし気づいたら
一人ひとりがそれを キレイに消去してくれ。 
自分の力で。

 

愚劣な語学教育システムと、個人のなかにある いびつな劣等感
この二つが 
日本人の 外国語に対するアレルギーを産み出してると、私は思う。

 

改善すべきだと思う。 
そして、それは可能だ。

 

こんな変なコンプレックス、さっさと日本社会から葬り去ろうよ。
みんなの努力にかかってるよ。
もう文部科学省なんかそこに置いといて 先行こ、先。 
つきあってられるか(呆) って言ってさ。

 

語学の壁をさらりと乗り超えられることは
より遠くへと飛んで行ける 自由の翼を与えられるようなものだと思うよ。

 

それを手に入れた日本人のクリエイティヴィティは 
世界でどんな活躍を どこまでしていくだろう
どんな新しいものを 更に産み出していくだろう

 

楽しみだと思わない?
その状況は作り出せるんだよ、私たちの心がけ次第で。

 

なにより
あなた自身だって その翼を手に入れることができる。

 

わけのわからない、いつの間にか自分の中に誰かが置いていった
怖れ?や偏見(外国語に対する) を捨て去るだけでも 先ずは良いから

 

いずれ それを手放した上で

 

意思疎通のために使うただの道具で 
でも
その異文化の歴史や哲学をも内包する 興味深いものでもある 外国語を 
何かひとつ、
本気で 使いこなせるよう 努力してみて。
(馴染みがあって汎用性の高い英語でも良いし、他の言語でも良いし・・・) 

 

ただし

 

その時はもちろん ちゃんとしたネイティヴ発音で勉強しようね!
(そこ かなり重要!)