読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

日本人だからといって信用できるかどうかは未知数だったりする

聞いたこと

 

衝撃的なタイトルですみません・・・

 

事実なものですから。

 

2002年ごろだったかな、
日本人の友達と、街をウィンドウショッピングしながら散歩してたとき、
同じ美術留学生の 友達のギョンちゃん(韓国人の女の子)と偶然会ったので
「ひさしぶり~ 元気?」 とお互い挨拶して、
まだあそこでバイトしてるの? みたいな、近況報告をひとしきり交換したあと、
ギョンちゃんが 急に声をひそめて 真面目な顔つきになって

 

そうだ、あなたたちも可愛い日本女性だし 危ないから 注意しとかなくちゃ。
知ってる? さいきん、このレプブリカ広場周辺で、
日本人女性に声をかけてくる 日本人の女がいるってこと。
ときどき韓国人の女の子にも たぶん間違ってなのか 声かけてて
でも韓国人でも被害に遭った人がいるから 私もその話を聞いたんだけど
その日本人の女は
まだあまりイタリア生活に慣れてない、留学してきたばかりの子を狙って
今度うちに遊びにいらっしゃい、と 親切なふりして家に招くんだって。
それで 親切な人だとばかり思い込んで 招待された家に行くと
イタリア人の男たちが何人もいて、その日本人の女と、他にも
たぶんイタリア人の女たちもいて、
その場で無理やり 乱〇パーティに参加させられるんだって。

おそらくその女は その中のどれかのイタリア人の男の恋人で、
脅されて 日本人女性を連れてくる役をやらされてるんだろうけど
私達のあいだでも、レプブリカ広場の日本人女に気を付けろ って
警告が回ってるよ。

 

なにそのとんでもない話! ・・・・と
固まりつつも びっくりしながら聞いていると、
隣りにいた日本人の友達も、「私もその話、さいきん聞いた」 と言った。
その場で知らなかったのは 私だけだった。

 

その後、日本人の別の友達たちからも
異口同音に、同じ内容の話を聞いた。

 

でも、その日本人の女が誰だったのか、(誰か直接の知り合いがいたか)
そのイタリア人の男らも含め、
彼らはその後 警察沙汰になったか 捕まったのかどうかも
続報はいっさい 聞かなかった。

 

同時に、
みんなこの話を 「聞いた話」 として 伝えあってはいたけど
その「家」がどのエリアだったかすら 具体的な情報はなく、
その女の容姿も、たぶん30~40代という程度の情報だけで
髪の毛が長いか短いかすらさえ 誰も 何も 知らなかった。

 

今にして思えば 眉唾ものの都市伝説だったのかも知れない。

 

日本人とイタリア人 というのも本当かどうか、確認とれてたわけじゃないし。

 

でも 火のないところに 煙は立たないというし・・・

 

 

他にも


 
一見やり手っぽい 日本人女性が
日本から直接学生を呼び込むかたちで
違法ギリギリか ほぼ詐欺 
のビジネスをしている(要するにボッタクリ) という話や 
(しかもその人の恋人だか旦那さんが ガチのマフィアだというウワサつき)

 

料理人修行の日本人たちから聞いた話で、
フィレンツェや、トスカーナ州とは限らず イタリア国内の、
働いていた高級レストランの オーナーの奥さんが日本人だったんだけど
その 日本人のシェフ修行の人たちに 約束してた額のお給料を払わない
あるいは 1ユーロも払おうとしない ひどいオーナーなのに
奥さんは 「私は関係ありません」 とばかりに まるで見て見ぬフリで
同じ日本人でも ぜんぜん助けようとしなかったばかりか
不払いを訴える日本人を 嘘つき呼ばわりまでしていた
とかの話は 聞いたことがある。

 

表に出ているのが女性でも
裏に誰がいて、誰がどうやって その女性にそれをやらせているか
あるいは 脅して口をつぐませているか 
それとも 彼女らは自らの意思で
犯罪の片棒を担いでいるのか・・・・・ までは
私が聞いた噂からは わからなかった。

 

でも私もべつに 知りたいとも思わなかったし。
(関わり合いになりたくない としか思わなかったからね・・・)

 

目の前にいる人間が信用できる人間かどうか というのは
日本人かどうかに関わらず
冷徹に 
冷静に 
判断しなくちゃいけない、 というお話でした。

 


日本だろうが外国だろうが そこは同じですね。(にっこり)

 

こうなったらもう
野生の勘を磨くしかない・・・・・

 

 

バイバルですよ、まさに。

 

人生って。