読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

世界情勢に不安がいっぱい

 

今までは、分からないながらも
どこか面白がって 余裕をもって見ていたトランプ氏に
にわかに巨大な不安を感じた。

 

イスラエルアメリカ大使館を
エルサレムに移動する
という発言をしたと聞いたから。

 

www.jiji.com

 

私は別に同氏の全ての発言をチェックしているわけじゃないから
この発言も、どういう流れの どの位置で出てきたのか
詳細は知らないし

 

誰に対して 何を言っても
「こんどは何だ?」 と 
「へー、どれどれ?」みたいな、
時事コメディアンの新しいネタを見るみたいな感覚だったんだけど

 

(日本の「芸人」と呼ばれてる人たちのなかに、そういうのネタにして
頭の切れの良さや、観察の鋭さから
皮肉が効いて笑えるジョークを作り出す人っていないよね。
私はそういうのだったら聞きたいけど、日本のTVで見る「芸人」のなかで
興味が引かれる人なんて一人もいない。)

 

先日の記者会見の映像も観たけど
トランプ氏に対する印象が変わった。

 

政治家ではないから、たしかに
アドバイザーや、スピーチライターたちが用意した原稿に従って
発言しているのだろうな とは思いながら
でも彼自身も ちゃんと 自分の頭で判断しながら
自らのシナリオ構築に 一緒に参画はしているのだろうと思ってた。

 

けど今は
「合衆国大統領ドナルドトランプ」というシナリオを書いてるのは誰だ?
と、真面目に不安になってきた。

 

トランプ氏個人はやはりどうしても 
特に政治や外交に関して
素人である自覚をもって 
良いアドバイザーを持ち 自分もある程度勉強するような態度の
深い洞察力をもつ 聡明な人物には見えないんだもの。
やんちゃな子供みたいに反応するとき、特にそれを感じる。

 

シナリオと、彼自身の人物像の 乖離を感じる。

 

たしかに 彼の今までの経歴や 立場を考えれば
おそらくもう何年も
実務は 多くの人を使って
その人たちに情報収集も分析もやらせて、
自分は「話を聞いてGOサインを出す判断をする」だけ という
仕事の進め方だったんじゃないか?
そして 選挙戦も 今も
そうやってるんじゃないか?
と推測はできるけど

 

次期大統領として 姿を見せている今の彼は、
セサミストリートのようなマペットみたいに見える。
そこに手を入れて 動かしてるのは誰だ?

 

最初は いわゆる
<アメリカの操縦桿を握っている勢力>とは
敵対してるんだろうと思ってた。
その勢力は、アメリカという国を使って
自分たちの懐を膨らませ続けることが目的で、
大統領といえども
自分たちに従わなかったり、おもしろくないことをしそうだと思ったら
あっさりその首をすげ替えたりする人たちだ というふうに理解してた。
(暗殺とかで)

 

彼はその勢力の権力や 財力に頼らずに
選挙戦を闘って勝ったから
状況を何とか 自分たちのコントロール下に取り戻したいその勢力が
頑張っていることと、自らの言動のせいで(笑) 
アメリカを分裂させるほどの反発を 受けることになってるんだろうと。

 

でも、このあからさまなイスラエル寄り発言・・・・

 

真面目にまずくないですか。

 

どうしてそこに行っちゃうの? みたいな。

 

ユダヤ教徒である娘夫婦のことは耳に入ってはいたけどさ・・・・

 

中東情勢は、たしかにオバマ氏のせいで
「アメリカ、責任とって何とかしろ」 といった
再関与が待たれる状況ではあるけれど
返り咲きの方法が なんでそれなのよ?!
見せる旗は変わっていないにしろ
いきなり爆弾爆発させるようなもんじゃない・・・・・

 

トランプ氏がもろにユダヤ人寄りだとすると
プーチンロシアがハッキング工作で彼を勝たせた との疑惑は
少なくとも表面上は矛盾をはらむ。

 

だってプーチンって、ロシアからユダヤ勢力を追い出して
ロシアでは彼らに、お得意の金儲けをさせないようにしたから
いわゆる国際社会では孤立&敵対視されてるんじゃなかったっけ。

 

ぷーさんは反ユダヤ と ざっくり理解しているので
(一般ぴーぽーレベルですから)
トランプ氏のパペットマスターは 一体誰なんだ、 
と急に気になってきた。

 

ユダヤもそりゃ、一枚岩じゃないんでしょうけど・・・・・

 

中国とトランプ陣営との
最近のやりとりは、痛快で面白いし
台湾も、この状況をうまく利用できれば
国の正当性や 独立国家としてのポジション獲得まで
いけるかも知れないし

 

回り回って

 

長年いじめられっ子の役割しか割り当てられてない
我が国日本が被っている誤解を解き、
「ほんとうに歴史修正主義なのは誰だ?」 ってことを、
全世界の、白日のもとにさらけ出せるようにもなる
かも、しれない。
(アメリカはそう簡単に尻尾は見せないだろうから)

 

中国さんも 大事なメンツが潰されそうで
焦って叫びまくっているけど
トチ狂って こちらへ暴れに来ないようにしていただきたいです。
だって 実際、ほんとにやらかしそうで不安。
あからさまに VSアメリカ という態度がとれないからって
日本を標的に憂さ晴らし。
やりかねない・・・・・

 

安倍首相は、いまや
国際社会での重要なプレーヤーのひとりになってるよね。
EUも、アメリカも、国内事情で混乱してるから。
政情安定してるのって日本だけだもの。 
(また円高が~)

 

いまいちばんやっかいな イスラム教徒の人たちに関しても
彼らが日本人や 日本の社会文化に関して
「日本人はイスラム教徒ではないけど、
イスラム文化が理想とする社会を実現している」 と
好意的な目を持ってくれているのなら、

 

難しいとは思うけど 

 

なんとかそのへんから 
上手に彼らの意識を誘導して

 

「同じイスラム教徒でなくても、尊敬できる人たちは存在する」
「自分たちと同じ生活習慣をしてなくても、仲良くすることはできる」
と <自覚> させるとこまで もってけないかなあ・・・・・・

 

(私たちがそう「教え諭す」のは、たぶんNG。彼らが自発的に
その結論に達して、それが彼らのなかに自然に広がっていくのが
たぶん、理想。)

 

コーランか、剣か>で何世紀も生きてるイスラム教徒さんたちは、
基本的に他人(=他宗教)の話は聞かない人たちみたいだけど

 

日本や、日本人のことには興味をもっているらしいから
日本人の言うことには耳を傾けてくれる可能性がある。

 

これってすんごいアドバンテージなんだけど
(下手うったら諸刃の剣だけどね★)
そこまでの外交能力も、メンタリストみたいな煙に巻く能力も、
自分の言いたいことを うまく人に伝える能力すら
日本人たちには欠けているから

 

世界平和への道は まだまだ遠いんだと思います。

 

ほんとにねぇ
日本人の潜在能力と
日本人の気質をもってすれば
世界平和実現のキーパーソンの役割も
出来るんだと思うんだけど・・・・・

 

とにかく当事者意識がなくて
自分の周囲3mくらいのことにしか 興味がなくて
選挙にすら行かなくて
(ウチの弟どもが揃いも揃って★)

 

放っておいたら
いつの間にか 国の内でも外でも
好き勝手やられてたりして
内にこもってる場合じゃないトコに来てるからねぇ

 

日本の若者たち、
ちょっと <我が国> と <その国民であること>
という視点からも、自分の人生を見てみてください。

 

俺関係ねーし エイゴできねーし 興味もねーし
とか
私ゲームさえできれば満足だし 誰かアタマいい人がやれば?
とか
近視眼的なとこでしか見られないなら、
ずっとそこに沈んでていいよ。

 

そういう人って 自分の頭使って考える習慣がなさそうで
指示されなきゃ何も出来なさそうだしさ。

 

でも少しでも
自分も何かの役に立ちたいとか、助けになりたいとか
日本社会や 世界情勢に対して
当事者意識があるなら

 

なんでもいいから
手探りでいいから
いざという時に 何かの役に立てるような
勉強なり 
情報収集や分析、
頭や身体を使う訓練なんかを
プライベートの時間にしておくことも大切だと思うよ。

 

最近は 日本人でありさえすれば 
安易に サムライ という称号を贈ってるけど
昔のお侍さんたちは
たとえ太平の世であったとしても
いつ戦が起きても すぐに自分自身がお役に立てるように
実際にはすぐには用(要)がなくても
武術も、
命や戦に対する心構えも、
それが今日起こってもいいように
鍛錬していたんだから

 

日本人ってのは 歴史上
お百姓さんだって
漁師さんだって
くにを守る局面には 殿様のもとに集まって 
「それ自分の職業じゃないんで」 なんて言う人はいなくって
みんなで一致団結して 協力しあってきたんだから

 

21世紀になっても それを忘れちゃいけないんじゃない?

 

ちゃんと政治も 経済も 観察しよう。
世界の動きも。
一生懸命働いてくれてる人たちを応援して
私腹を肥やすことしか考えてない人たちを見抜いて、追い出そう。

 

私たちが無関心でいることは ズルイ人たちにとって、
菌が繁殖するための水分と温度みたいなもの。
好条件でしかないんだよ。

 

自分の自由時間のなかの 少しの時間でいい。
少しずつ 観察し 考えて 
人と意見交換したり いろいろ勉強する
機会を持っていこう。

 

そうすれば結局、自分にとっても
もっと安心して
ゲームや マンガや 好きなことに自由に没頭できる
平和な社会にも なると思うよ♪

 

 

 

関連記事: 

luriha.hatenablog.jp