読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

韃靼人の奢り

人びと

 

パリ生活の2ヵ月め。

 

私は、フィレンツェのフランス文化会館経由で申し込んだ語学学校の
ホームステイ先を出て
オペラ座近くの日本食店にあった掲示板の
アノンス(広告)から見つけた部屋に引っ越し、
モンマルトルのうしろの
ラマルク・クランクール(←メトロの駅の名前。18区)
というところに住んでいた。

 

午前中の語学学校以外はすべて自由時間 という、
夢のような生活。

 

街歩きは大好き。

 

毎日、暗くなるまで パリのいろんなところを歩き回った。

 

ある日 土曜日で学校はないから、家でのんびりと朝を過ごし、
お昼近くに家を出た。

 

学校へ行くときはメトロでまっすぐ向かうのだけど、
休日は 散歩がメインだから
メトロには乗らず、モンマルトルの丘まで 歩いて登る。

 

私が住んでたところからモンマルトルへは、
絵画のモチーフでも描かれている
「コタン小径」 という、細くて長い階段を上がったり、

 

シャンソニエ(シャンソンを聴かせる店)として有名な
「ラパン・アジル」 という店の横の坂道を昇ったりしながら、

 

サクレクールの裏側は観光客も多くないので、
休日らしい のどかな空気を吸いながら、
文字通り 散歩をしながら、ちょっとした運動にもなるコースだった。

 

サクレクール寺院の前に出ると、パリの街が一望できる。

 

お天気の日はまた格別だけど、
その日は パリに一番似合う、グレー色の曇り空。

 

こんなに曇り空の似合う街って、他にあるのかな。

 

フィレンツェの、青い空に映えるオレンジ色の屋根とは対照的だけど
住んでいる人に聞いたら 
パリは1年のうち 60%くらいは曇り空だ と言っていたので
パリの屋根の色に
あのブルーグレイを選んだフランス人のセンスは
さすがだな と思う。

 

初めて 曇りの日にモンマルトルを散歩して
灰色の空に きれいに映える 
パリの建物の白い壁と、街並みの色を見たときは
「あ ユトリロだ」 って思った。
ユトリロって、見えてるものをそのまま描いてたんだな 
って、すぐ納得した。

 

街なかで 大好きな荻須高徳(おぎすたかのり)の絵を思い出させる色彩にも、
よく出会った。

 

今日の空はグレーというよりも ダークグレイに近いから、
もしかしたら、あとでひと雨来るかな? と
バッグの中の折りたたみ傘を、何となく手で探る。

 

景色に気を取られて転ばないよう 足元に気を付けながら、
階段を 人々の群れに交じって降りて行く途中、
「雨が降るかもしれませんね」 と
後ろから 声をかけられた。

 

「ええ、たしかに」 そう答えながら もう一度 
天気が心配になって 空を見上げた。

 

・・・・・てか、誰?

 

振り返ってよく見ると、声の主は、
柔らかな色合いの褐色の髪と、明るめの色の瞳の
若い男の人だった。

 

フランス人に見えるけど、
他の国の人にも見える。
日本人にも、こういう感じの顔はあるといった感じの・・・・・
あえて例えるなら
河相我聞さん、だったかな?(←探すなら90年代の画像で) 
あんな感じの 垂れ目気味のお顔を、
皮膚や髪の色の薄い西洋人要素で再現したような見た目・・・・・

 

その人は 驚いて見ている私に向かって、
明るい笑顔で
「ハロー!」 と言った。 
(ちなみにそれまでも英語。 It’ll rain later, looks like.../Yeah, maybe...みたいな)

 

「ハロー・・・・」
たとえ知らない人でも ご挨拶は、きちんと返すのが礼儀。 
世界共通。

 

「フランス語を話しますか?」
「いいえ、ほとんど・・・ 語学学校に通っていますが」
「どこの国のかた?」
「日本人です」

 

階段をいつの間にか並んで降りながら、何となく会話が始まっていた。

 

「私はタタール人です」
「は?」
タタール!」

 

タタール人て・・・・・
だったん人とか言う、あの、「韃靼人の踊り」 の ダッタン人?
(突然ですがボロディンの「プリンスイゴールPrince Igor」けっこう好きです♡)

 

え、あれって、現実社会に、現代社会にまだ、本当にいたの?
伝説のとか、失われた民族 とかじゃないんだ!? (←無知★)
まじ!?

 

あーゆーりありーたたーる?
いえす、おふこーす! (何でひらがな)

 

思いがけない出会い&出来事に
感動が、身体の深いところから ずずずずずと湧き上がってくる。

 

タタール人・・・・・
滅多に、お目にかかれないひとだ。
聞きたいことがたくさんある!

 

心の中で感動の嵐が吹き荒れていても
顔には出てなかったと思う。
ぽけっと口が半開き状態だったような気がする・・・
タタールという、あまりにも意外な言葉を聞いたせいで。

 

折も折、ぽつっ と雨が落ちてきた。
「やっぱり降ってきた!マドモワゼル、良かったらあそこで話しませんか?」

 

モンマルトルの階段を降りきった公園の前にカフェがある。

 

私は 今日は散歩に出ただけで、
人との約束も、時間に追われた用事もない。
異論なんかあるはずもなかった。

 

窓に近い席に座を占めると
短く話し合い、
その人は二人分のカフェオレを頼んでくれた。

 

タタールって言葉はいままで、音楽や文学でしか 
耳にしたことがありませんでした。
タタール人のかたにお会いしたのは、生まれて初めてです!
貴方の生まれ育ったところはいったい何処で、どんなところなんですか?

 

好奇心でいっぱいの私の目は、そのとき輝いていたかも知れない。

 

その人の生まれ故郷は、アルタイ山脈の麓だと言った。
自分はチンギスハーンの子孫で、
タタール人であることを、とても誇りに思っているという。

 

「チンギスハーンの子孫だから、
フランスまでは遠路はるばる、馬で来たんだよ」
本当か嘘かはわからないが、世界は広いから、そういう人もいるかもな と
とりあえず思った。

 

「生まれ故郷には、自分のような顔の人(白人系)もいれば、
あなた(私)のような顔をした人もいる。
あなたを見て、故郷のことを思い出して とても懐かしくなったので、
話がしたいと思ったんだ。」

 

後からいろいろ聞いてわかったことは、その人は、トルコ語を聞くと、
意味が何となくわかるということ。
習ったことはないので 自分でも不思議なんだけど と言いながら。

 

フランス語はパリへ来てから習ったけど、
フランス人に フランス人と間違われるほど、
まったく外人アクセントのないフランス語を 自分は話してるらしい、
と言っていたこと。

 

私も問われるままに、
日本のどの町で生まれたか とか、
パリに来る前はフィレンツェにいたことなど、
自分のことを少し話した。

 

そういえば NJ(NonJapanese)の若い人って、
「この街に来る前はどこにいたの?」っていう質問を 
よくし合ってる気がする。
旅行だったり、留学(各国間の大学で相互留学システムがある)だったりで
けっこう、あちこちの国を 頻繁に行き来してる人が多いからだと思う。

 

その人との会話は楽しかったので
パリにいた間、その人とは、時々会って話をした。

 

アルタイ山脈の麓にあるという故郷の写真も 見せてもらった。 
少し色が褪せかけた写真たちだったけれど
木漏れ日のきれいな 林のような 自然の風景が 
とても印象的だった。

 

でも 
なにか理由があったんだと思うけど その人は
「あなたの町は、なんていう名前なの?」とか
「パスポートはどこの国の?」といったような
国や国籍に関する質問には、

 

「僕はタタール人で騎馬民族。 
馬で移動するから、パスポートなんかないんだよ」
と言って

 

何度か聞いてみたんだけど いつもはっきりとは答えてくれなかった。
今思えば
もしかしたら彼の、民族としての誇りに、
無遠慮に触れてしまうような質問だったのかも知れない。

 

その人と会って カフェに座って 飲み物を頼むときは、
彼はいつも私に
「ご招待します(I invite you!)」 と笑顔で言い 
必ずご馳走してくれたので
(自分で払おうとしても、片手を軽く私に向けて、首を左右に振り
ニコニコした笑顔でこの言葉を繰り返す)

 

パリのカフェで、 
カフェオレや 
ジュドランジュ(オレンジジュース)は よく
<韃靼人のおごり> で いただいていた。

 

 

オチは以上です。^ ^;

 


ネタじゃなくて、実話です!

 

 

 

 

エキゾチック♪

ボロディンイーゴリ公>より「韃靼人の踊り」

www.youtube.com

 

 

*パリへ行った経緯:

luriha.hatenablog.jp