読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

内面を好きになった瞬間

 

ルカとつきあい始めたころ
音楽は何が好き?と聞かれて、

 

何でも好きだけど、不思議と季節によって
聴きたくなる音楽が変わるんだ。
春はポップスや 軽めのロック、ジャズも聴くし
夏は 昼はボッサ、夕方や夜にはタンゴやサルサなど 
ラテン系の曲を聴くのが好きで
秋冬はよく クラシック音楽や、古いシャンソンなんかを聴きたくなる 
と話した。

 

クラシック? オペラリリカ(Opera Lirica いわゆるオペラの曲)とか?
と、少し驚かれた(笑)。

 

イタリアも 日本と同じで
クラシック音楽が好きな若い世代の人たちも もちろんいるんだけど
それはたいてい オーケストラを構成する楽器の演奏家たちだったりするし
一般的には クラシック音楽を聴くのが好きだ というと
やっぱり少し 年寄りっぽい(?)というか、
珍しいね、と言われる傾向はある。

 

ルカは高校生の頃 地元の仲間とロックバンドの活動をしていて、
担当はベース。
インディーズでレコード(CDじゃなくてLPレコード)を出したこともあって
自分も音楽全般がとても好きだけど、
クラシックはよくわからない ということだった。

 

でも、
とルカは、あるクラシックの音楽家の思い出を、そのとき話してくれた。

 

 

ルカはフィレンツェで 電気技師として働いていた。

 

彼の会社が、劇場や イベントの照明設備全般を請け負う会社で、
フィレンツェだけでなく 外国を含め、他の都市の劇場や野外劇場、
ローマの遺跡でフェンディのファッションショーの照明もやったことがあるよ、
と話してくれた。

 

数年前、フィレンツェのテアトロコムナーレ(市立劇場)の仕事で、
その晩に行われるコンサートのために
照明とコンピュータの調整をしてたとき、

 

「その夜の主役のアルティスタ(Artista 芸術家)が、
舞台でプロヴァ(Prova リハーサル)を始めたんだ」

 

そのひとはチェリストだった。  
まともにチェロの演奏なんて、それまで聴いたこともなかったけれど、
とてもきれいな、素晴らしい音楽で、
俺は自然と仕事の手が止まり、聴き入ってしまっていた。

 

惹きこまれたんだ、そのアルティスタの演奏する音に。

 

彼の弾く楽器の その音色を聴いていると
なんだか 胸がいっぱいになるような、
不思議な気持ちになった。

 

その夜のコンサートも、もちろん大成功で、
コンサートの後、俺たち裏方のスタッフも全員、
そのアルティスタとの夕食会に招かれた。

 

市長や 劇場のお偉いさん方も 皆出席している夕食会なのに
そのアルティスタはどういうわけか
わざわざ 俺たち裏方ばかりのテーブルに来て、
そこで一緒に楽しく食事をしたんだ。 

 

昼間に聴いた、彼の演奏するあの音といい、
俺たちと楽しそうにテーブルを囲む そんな気さくな態度といい、
とても印象的な、すてきなアルティスタだった。

 

今も あのとき彼の弾いた音の余韻は 耳の奥に残ってるんだ  と
人が 心から感動したときの 
優しく やわらかな微笑みを 表情に浮かべて
ルカは私の顔を見つめた。

 

「そのアルティスタの名前を憶えている?」 
私は聞いた。

 

「憶えてるよ。 覚えておこうと思ったんだ、
ロストロポーヴィチという人だったよ。」

 


私も感動で胸がいっぱいになった。

 


私もチェロの音色が大好きで、
でも ムスティスラフ・ロストロポーヴィチは 
CDでしか聴いたことがなかったけれど、
彼の音楽と
その人物そのものにも、
ずっと興味をもっていた人だった。

 

ルカは その人がどれほど有名なのか といったような知識も
クラシック音楽に とくに興味を持っていたわけでもなく、
彼の紡ぎ出す音を聴いただけで
その音に惹かれ、仕事の手を休めて聴き入り、
綺麗な音楽だ と 感動した。 

 

ふつう音楽家のことは、イタリア語でムジチスタ(Musicista)という。

 

でもルカは、その人のことを自然に アルティスタと呼んだ。

(直接その人に呼び掛ける時の言葉は マエストロ or マエストラ)

 

人間性のにじみ出るエピソードを心に留めておこう、
このひとの名前も一緒に  と
誰に話すつもりもないまま、
自分の心の中に 大切にしまっておいた。

 

私がもし クラシック音楽が好きだ と言わなかったら、
たぶんわざわざ話すこともなかっただろうこの話に
私も、ルカの内面性に触れられた気がして

 

「だから僕もクラシックを聞くのは好きだよ」
と言ったけれど、
私は彼のそんな感性に、その時もっと惹かれていた。

 

 

 

 

このかたです♪

www.youtube.com