読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

3月8日のミモザの花

文化・芸術

 

フィレンツェでも 3月に入ると
空気も 色彩も 春らしい明るさを帯びてくる。

 

陽光が きらきらと輝き
街のショーウィンドウには
復活祭の飾りつけの定番の うさぎやヒヨコ タマゴたちと一緒に
黄色いミモザの花がよく飾られる。

 

イタリアの3月8日は フェスタデッラドンナ(Festa della Donna 女性の祭り)
あるいは ジョルノデッラドンナ(Giorno della Donna 女性の日)といって
男性たちが 女性たちに
「女性の日おめでとう」 と言って、ミモザの花をプレゼントする。

 

もともとは、むかし
工場勤務の女性たちが 工場の事故か火事で
多数犠牲になったことが発端だとか
女性の参政権を求めた運動が発端だとか
この日付けの根拠は 諸説あるみたい。

 

でも私が感じた日常生活のなかでのこの日は
あまり そういった謂れについては注意が払われてなかった印象。
「どうして3月8日が女性の日なの?」 と聞くと、
イタリアの人たちの意見は 上記のように一致してなかったり
どちらかというと
さあ? とか、 昔からそうなってる、 とかの反応の方が多かった。

 

この日は 街は 黄色いミモザの花で彩られる。

 

行きつけのバールやお店で贈られた
小さいミモザの花束を手に歩く女性が たくさんいたり

 

ミモザで店先を飾るところもあったり

 

田舎から たぶん自分の庭のミモザの木から枝を切って来て
小さな枝ひとつひとつに赤いリボンを結び
ひとつ1ユーロで街角で売って ちょっとした小遣い稼ぎをしてる人もいた。

 

男性たちは そういう街角のミモザ売りの人や
露店の花屋さんで 気に入った花束を買い
友達や、お母さんや家族、
仕事場の同僚や、自分の店に来るお客さんの女性たちに
気軽な感じで 今日は女性の日だからと 花を手渡し 
女性たちはそれを「グラツィエ」と言って受け取りながら
じぶんも笑顔の花を咲かせる。

 

ミモザの花って
ちいさな毛糸玉みたいな ぽわぽわした 
可愛らしい丸い黄色の花がたくさん寄り集まってて、
枝をいくつか 大きめの花瓶に どさっと挿すと
あふれんばかりの <ミモザの噴水>みたいな姿になる。

 

明るい黄色い花と 濃い緑色の葉っぱのコントラストは春らしい色彩で
眺めていると 自然と笑顔になるし 
元気なエネルギーももらえる。

 

私はそれまでミモザの花を日本では見たことがなくて 
イタリアで暮らし始めて 初めて知った花だったけど

 

いま住んでるところの里山では ミモザの木を見かけることもあって、
お店の庭にあったりすると 
買い物や 食事に行ったときにお願いして 
一枝譲っていただいたりしてる。
とても可愛い花なので 家に飾りたくなってしまうから。^^

 

女性の日には 主婦業やお母さん業をお休みして
女性の友達同士で 外に食事に行ったり 
ロカーレに遊びに行ったりするのを
旦那さんだったり お父さんたちも子供達と一緒に
「いってらっしゃい。楽しんできてね」
と笑顔で送り出す。

 

お父さんと子供達にとっても 
お母さんがいない状況だから出来るコトっていうのも・・・・
あるんじゃないかな?(笑)
そう考えたら 双方 楽しい日なのかも知れないね。

 

年に一度くらいは そういう、
合法的に(?) 女性としての役割をお休みできる日っていうのも 
あって良いよね。
女性は普段 家の外でも 中でも 駆けずり回ってるもの。

 

日本には 女性の日はないけれど
人間なら誰にとっても 
<役割>を休んでリラックスできる日は 普通に必要だから

 

たとえ24時間365日のお母さん業であっても、
主婦業であっても、

 

せめて 年に一度くらいは 
旦那さんやお父さん、子供たちが
「今日は仕事を休んでゆっくりしてね」 って言ってあげたら
そんな心遣いや言葉だけで きっともう
言われた女性は とっても嬉しい気持ちになると思う。

 

人によるのかも知れないし 男性だって同じかもしれないけど
女性って、大切な人のためにいろいろと
自分の時間やエネルギーを使って何かをして その人に喜んでもらうことは
自分自身の喜びでもあるんだけど

 

たとえば 子育て期間とか
自分のためだけに使える時間が ほとんどない生活って、
自覚があろうとなかろうと
心身共に かなり疲弊してしまうでしょう?

 

私はお母さんになったことはないけど
人の命や生活の安全を預かる っていう責任と
24時間365日っていう就業時間(?)を思い合わせたとき
それが どれだけ大変なことなのかや
その状況が何年も続いたとき その人がなるであろう心情などの気持ちは 
想像できる。

 

とあるイタリア人男性の言葉が印象的だった。

 

「この日は自分にとっては、全女性に感謝する日だよ。
だって、女性のいない世界なんて、寂しすぎて想像できないしね。
存在してくれてありがとう、っていうだけでも足りないよ。
彼女たちは男性に、そこにいてくれるだけでも、大きな喜びを与えてくれるのに
それだけでなく毎日、僕たちの日々の生活が 心地よいものになるよう、
様々なこともしてくれてるんだから。」

 

ただミモザの花を贈られるだけでも 
私なんかは すごく嬉しかったんだけど

 

家族や恋人同士だけでなく たとえ友達同士であっても
優しい言葉と やさしい心のプレゼントは、
元気と笑顔をつくり出してくれるから

 

いつでも ふと思いついた時には 
それを贈り合ってみたいよね。 

 

お互いにね♪