これまで と これから

海の向こうからおみやげ持ってきた。

南イタリアの田舎に日本人が行くと

 

初めて南イタリアのルカの故郷に二人で行ったとき、
夏で、
二人とも時間が取れる状態だったので、
4週間ほど滞在することにした。

 

ルカの実家に着いて ルカのお姉さんから聞かされたのは、
親戚一同が、私に会いたくて大興奮している
という話だった。

 

ルカが故郷を出てフィレンツェへ行って以来
彼は毎年、夏休みやナターレ(Natale「クリスマス」)に里帰りはするものの
恋人を連れ帰ったことはおろか、
話を聞いても、女っ気がまるでなさそうなので

 

実はゲイなんじゃないか、
いやたしか高校生のときに付き合ってた女の子いたぞ、
待て、ルネサンスの頃からゲイで有名なフィレンツェだぞ、
まさかあいつそこで覚えたんじゃ・・・ 
などと、
従兄弟たちに噂されてたんだそーだ(笑)

 

だから 「あの」ルカが、とうとう女の子を連れて帰って来るらしいぞ!
と 事前に親戚じゅうに連絡が回りまくり、
到着した日からもう、
あっちの親戚や こっちの親戚が会いに来てくれたり、
少し遠い町に住む親戚の家へ こちらから会いに連れて行かれたり、

 

私は誰が誰だかぜんぜん覚えられなくて、
でもとりあえず
「はじめましてー」
となるべく積極的に輪のなかに入って行って、
繰り出される質問には全て 丁寧に答えることに集中してた。
(「親戚」バージョンに加えて
「ルカの地元の友達たち」バージョンの集まりもあった)

 

私が外国人だってことも、
フィレンツェと違って
あまり外国人と接する機会のない田舎に住むイタリア人たちにとって
エキサイトするポイントだったらしい。

 

ヴァカンツァの時期には このエリアにも
EU内の外国人(ドイツ人とかフランス人)は来るけれど、
アジア人はこの町にも数人いる、出稼ぎの中国人くらいしかいないから、
「本物の日本人」を実見したことは、各親戚のご近所でも
それなりの話題になったりしてたそうだ。 
(パンダ状態・・・・)

 

そんな状況だから
日伊友好のため、私は頑張った。
私が彼らにとって 
<人生で初めて身近に接する日本人> 
だという責任の重圧が のしかかる。

 

何を頑張ったかって、
おもてなしで出してくださる食べ物は、
すべて美味しそうにいただくわけですよ・・・・

 

向こうはこちらが外国人だから、
「これ知ってる?」
「これ食べたことある?」
「これ美味しいわよ」
「日本にこんなのはある?」
と、楽しそうにいろいろと、しかもたくさん、 
どんどん食べてね♪ と出してきてくれる。

 

しかもまずいことには、美味しいものばっかりなの・・・・・

 

とくにブッラータBurrataなんて、フィレンツェじゃ聞いたこともなかったから
(後からフィレンツェでも売ってると知ったけど)
ブッラータとの出会いは 強烈だった。

 

なにしろそこは本場なので、
初めて 「ここの特産品だよ」 と出されて食べたときは
「ナニコレー!!!」
と、あまりの美味しさに感動。

 

しかも 自家製のフレッシュなブッラータを買えるお店が
ルカの実家の近くにもあって
お散歩ついでに 買ってきてくれちゃったりして

 

これもここの特産品のタラッリTaralli と おやつ(?)に出されたり、

 

ルカのお母さんをはじめ
親戚のおばさんたちも皆お料理が上手で、
特にルカのお母さんがつくる、ナスのラザーニャの「パルミジャーナ」が
美味しくて美味しくて、大好物になってしまうし。

 

そんな食生活で、私はいっぺんに4キロ体重が増えました・・・
田舎に到着して わずか3週間足らずで。

 

日伊友好のために断るわけにいかない と思い、
何でも笑顔で 「美味しいです♪」 と言いながら
出されるままに食べていたら、
人生でこんなペースで体重増えたことない・・・・
という体験をしてしまった・・・・

 

さすがにこれはだめでしょう、と思って、
ひとしきり全ての味は一度はいただいたわけだし、と、
その後は 丁重にお断りするようになりました。

 

4キロ増は落ち込んだ・・・・・ 
ルカは何も気にならないと言ってたけど。

 


私が気になるんです!

 


パンダって、大変なんだね!

 


イタリアでは「南の肥満問題」ということが言われているんだけど、
どう考えても(・・・以下略☆)

 

 

 

 

参考資料の記事:
luriha.hatenablog.jp